ライフ

実は間違いだらけの「美容院の利用法」…プロが教える4つのNG言動

 性別を問わず、外見の印象を大きく左右する髪型。男性は、女性ほど身だしなみに気をつける人は多くないが、それでも清潔感や周囲からの好感度のためには気をつける必要は誰しもある。

男性が美容室を利用する際の注意点とは?

mulum しかし、多くの男性が頭を悩ませるのが美容師や理容店でどのように希望を伝えるべきという問題。「おまかせで」と言ったところで、自分の理想通りになるほど事は単純ではない。  そこで、名古屋市の人気美容室「mulum(マルム)」で“メンズ専門スタイリスト”として腕を振るう流拓也氏に男性が美容室を利用する際の注意点を聞いた。

▼クーポンに釣られて新規のお店をまわる

 ホットペッパービューティーなどの予約サイトは、自分に合った美容室を見つける強い味方。これを利用するのは決して悪くないのだが、新規クーポンばかりに釣られていると、理想の美容室やヘアスタイリストに出会えないという問題もある。 「男性のお客さまは、どんな髪型にしたいのか、説明するのが苦手というか、億劫に感じる方が多い印象です。にもかかわらず、毎回新規の店を利用してしんどい思いをされている方がいる。新規クーポンは魅力的かも知れませんが、長い目で見れば、自分に合った美容室やスタイリストを見つけたほうがお得です」  いい店やスタイリストの見分け方として、流氏がオススメするのはサイトの口コミをチェックすること。流氏の店にも、口コミを見て訪れた人は少なくないとのこと。 「口コミで店を選んだあとは、担当してくれたスタイリストさんのカットの腕はもちろん、聞き上手かどうかもチェックするといいでしょう。うまく理想の髪型を聞き出して再現してくれるスタイリストさんなら、満足度が高くてリピートしやすいと思います」
次のページ
「お任せ」で注文してはいけない理由
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白