お金

POGファン必見「来春のダービー候補5頭」を競馬雑誌元編集長が徹底解説

気軽に馬主気分を味わえる「ペーパーオーナーゲーム」とは

 みなさんは「POG」という言葉をご存じでしょうか? POGとは、ペーパーオーナーゲームの略称で、デビュー前の2歳馬を指名して、その馬たちの獲得賞金を競い合うゲームのこと。競馬雑誌や競馬サイトで行われるものと、仲間同士で行われるものに大別され、一般的に前者を「誌上POG」、後者を「ドラフト制POG」と呼びます。ダービーの1着賞金が2億円と破格なので、実質的には「最も早いダービー馬当てクイズ」だと考えてよいでしょう。  一般的なPOGでは6月4日の新馬戦開始前に、指名馬を決定するドラフト会議を行うことが多いため、今まさに、多くのPOGファンが頭を悩ませている真っ最中。かくいう私もその一人です。  私は競馬誌の編集部に入る前からPOGを楽しんでおり、それが高じてPOGのガイドブックを作るまでに。手がけた『競馬王のPOG本』は今年で16年目を迎えることができました。『競馬王のPOG本』では、2017年から元中日ドラゴンズのエースで競馬好きとして知られる山本昌さんに牧場取材をお願いしています。6年目となる今年も、山本昌さんの取材に同行させていただき、育成現場の最新情報をたくさん仕入れてきました。そこで今回は、取材を通して浮かび上がったダービー候補を5頭、紹介したいと思います。

ダービー制覇に期待がかかる2頭のハーツクライ産駒

ダノンザタイガー
ダノンザタイガー

ダノンザタイガー
写真/村田利之

父:ハーツクライ 母:シーズアタイガー 牡:美浦・国枝厩舎  アーモンドアイ、アパパネなど数多の名馬を手がけた国枝調教師ですが、牝馬の活躍馬が多く、いまだ日本ダービーのタイトルを手にしていません。定年が迫っており、今年を含めてダービーに挑戦できるのは最大で4回。もし、今年出走予定のコマンドラインで勝てなかった場合、悲願を託されるのがこの馬でしょう。  ノーザンF早来で取材させていただきましたが、実際に国枝調教師と「この馬でダービーに行きましょう!」という話で盛り上がっているとか。取材当日は、雪がちらつく生憎の天気だったのですが、後日、事務局の方から「母シーズアタイガーの写真はしっかり撮れていましたか?」と何度も確認されました。これは、牧場サイドの自信の表れだと私は解釈しています(笑)。 ネアセリーニ 父:ハーツクライ 母:スウィートリーズン 牡:栗東・高野厩舎  今年の2歳は、ロードカナロア、エピファネイア、ハーツクライの産駒に評判馬が揃っていますが、ダービーへの適性を考えたら、やはりハーツクライ産駒が最右翼。母シーズアタイガーに続き、もう一頭、ハーツクライ産駒を取り上げましょう。  この馬はノーザンF空港で取材した「ビンビン1号」です。「ビンビン1号」とは「手応えビンビンの馬」という意味で、「ビンビン1号」を尋ねるのが、山本昌さんによるノーザンF空港取材の定番となっています。現3歳の「ビンビン1号」がスプリングSでハナ差2着だったアライバルですから、その精度の高さは折り紙付き。  この馬の半兄ディアステマは生粋のステイヤーです。その血に「ビンビンの手応え」が加わったら、何やら規格外の大物が生まれそう。既にゲート試験に合格しており、仕上がりも上々の様子で、早めに賞金を稼いだ上で成長を促し、ダービーの頃にピークを迎える姿が目に浮かびます。
次のページ
大魔神・佐々木主浩の切り札とは
1
2
勝SPA!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白