お金

売上高9兆円の“絶対王者”イオン。国内で独り勝ちできた「3つの理由」

今後は、中国・東南アジアと「都市型SC」

まとめると、GMS「ジャスコ」を展開していたイオングループは他の競合GMSが不調な中、郊外型店舗の強みもあり2000年以降にイオンモールの出店を続けました。 そして、イオンモールによる不動産及び金融事業からの収入が新規出店とM&Aの原資となり、さらなる規模拡大につながったと考えられます。ちなみに国内では大規模SC店の出店の余地が限られていますが、イオングループは今後、中国や東南アジアで出店を続けるほか、国内でも駅前などに「都市型SC」の展開を継続するようです。 既存事業に囚われるべきではないという岡田屋の家訓、「大黒柱に車をつけよ」が活かされているように見えます。 <TEXT/山口伸>
化学メーカーの研究開発職/ライター。本業は理系だが趣味で経済関係の本や決算書を読み漁り、副業でお金関連のライターをしている。取得した資格は簿記、ファイナンシャルプランナー Twitter:@shin_yamaguchi_
1
2
3
4
5
おすすめ記事
ハッシュタグ