仕事

元セクシー女優が「成人向けビデオのスカウトマン」の内情を暴露。女優と恋愛関係にあるケースも

 元セクシー女優でフリーライターの「たかなし亜妖」がお届けする連載コラム。2016年に「ほかにやることがなかったから」という理由でセクシー女優デビュー。女優生活2年半が経過したところで引退を決意し、現在は同人作品やセクシービデオの脚本など、あらゆる方面で活躍中。

スカウトされてセクシー女優デビューする人も多数存在する

たかなし亜妖さん

元セクシー女優で現在はフリーライターの「たかなし亜妖」

 繁華街を中心に活躍するスカウトマンが扱うのは、主に水商売。女性に合った店舗や職種を提案し、お店から紹介料をもらって生活する。  美容整形外科や不動産なども紹介しているそうだが、収入のほとんどは飲み屋や“オトナのお店”のお姉ちゃん、そして紹介したセクシー女優が働いた分のバック。それぞれの内訳やシステムはお店ごとに異なるが、スカウトマンにとって自分が紹介した先で働いてもらえるのは非常に有難いこと。  ただスカウト業で食べている人間全員が、ポンポンとセクシー業界に女性を紹介しているわけではない。むしろ「水商売は得意だがこっちのジャンルの紹介は苦手だ」という声もあるほど。  そこで今回は、新人女優のデビューに欠かせない存在である「スカウトマン」についてお話していこう。世間では闇のベールに包まれたイメージがあるだろうが、実際はそこまでダークなものではない。

セクシー女優のスカウトマンは水商売専門の人

「セクシー女優をスカウトする」と言えど、ビデオ専門スカウトマンなどほぼいない。いろいろな仕事を紹介している上でプロダクションにも掛け合えますよ、といった人がほとんどだ。  彼らにもそれぞれ得意ジャンルがあるそうで、飲み屋に強い人、オトナのお店を専門に扱う人など働き方はそれぞれ。ビデオ業界に逸材を多く送るスカウトマンもいる……が、「特化」は今現在ほぼいないそうだ。  そのため業界に女性を送り込むスカウトマンは、もともと水商売専門の人間。六本木や原宿、表参道で女性に声を掛ける芸能関係者とは勝手が全然違うのである。
次のページ
“セクシー女優を提案される女性”に共通している7つの特徴
1
2
3
おすすめ記事