カーライフ

将棋部はイエロー、恋人がいない人はシルバー。1802人のオーナー調査でわかったトヨタ・アクアの1番人気は?

 クルマや洋服など、何か買い物をするとき、商品は決まっていても色で悩むことは多いはず。特に、クルマのように頻繁に買い替えないものなら、なおさらだろう。アメリカの大手グローバルペイントサプライヤー「アクサルタ コーティング システムズ」が発表した「2016年版自動車人気色調査報告書」によれば、クルマの人気色は世界規模ではホワイト人気が継続中で、ホワイトの割合は10台中約4台だという。

「2016年版自動車人気色調査報告書」より

 ちなみに日本では、ホワイト系のなかでも、特にホワイトパールの人気が高いとか。いずれにしろ、何色のクルマを買うかはデザインや燃費、安全装備の有無などと同様、もしくはそれ以上に重要なことだと言えるだろう。

 そんななか、4年連続(2012~2015年度)販売台数1位のトヨタ・アクアが、マイナーチェンジをしてデザインを一新しただけでなく、新グレード「Crossover」も設定。美しい日本の風景と名曲「エレクトリカルパレードのテーマ」のアクアのTVCMを見た人も多いだろうが、この新型アクアは、外観の色を14色※から選ぶことができる。「クルマは黒しか買わない!」と、よほど色にこだわりがある人以外は、まず14色※の中から1色選ぶのに迷うはず。
(※ベージュはCrossover専用色)


 そんな人のために、全国の現役アクアオーナー1802人にアンケートを行い、さまざまな切り口で分析した「AQUA オーナー×カラー大全」が公開中だ。

AQUA オーナー×カラー大全

 前述の自動車人気色調査報告書ではホワイトが人気だったが、アクアの1番人気はシルバーメタリック。2位がライムホワイトパールクリスタルシャインで、ホワイト系は3位にスーパーホワイトⅡが入っていた。

アクアの1番人気はシルバーメタリック

 こうしたアクアの人気色ランキング以外にも、「AQUA オーナー×カラー大全」では地域別、血液型別、星座別、職業別など、各カテゴリでどの色のアクアに乗っている現オーナーが多いのかが一目瞭然。

 例えば、記者の故郷・青森県で人気のアクアはオレンジパールクリスタルシャイン。名産の赤いリンゴが見飽きたのか、ミカンが恋しいのかオレンジ色が人気だそうだ。

 ちなみに営業職の会社員に人気なのはイエロー、公務員に人気なのはクールソーダメタリック。恋人がいる人はスーパーホワイトⅡ、恋人がいない人はシルバーメタリックを選ぶ割合が多いそう。野球部だった人にはシルバーメタリック(金属バッドの影響か!?)、藤井聡太四段で脚光を浴びている将棋部だった人にはイエローが人気。将棋と似ているが、囲碁部だった人にはスーパーレッドVかクールソーダメタリックが人気だ。

部活×カラー

 なお、アクアオーナーは目玉焼きに醤油をかける人が多く、ネコ派よりもイヌ派が多いことも明らかになっている。

将棋部だった人にはイエローが人気

 こうした「AQUA オーナー×カラー大全」のプロファイリングデータは全155種類。アクアのようにカラーリングが豊富なクルマは、何色を選べばいいのかが一つの悩みどころ。いざ買うときに悩まなくていいように、現役アクアオーナーのアンケートを参考にしてみてはどうだろうか?

6月23日に掲載された新聞広告(48紙)には「横読み」の隠し要素が。一番上の文字を右から読むと……

<文/日刊SPA!取材班>

AQUA オーナー×カラー大全

提供/トヨタマーケティングジャパン





おすすめ記事