雑学

地元紙も日本サポーターのゴミ拾いを賞賛していた

 20日、現地ナタウの新聞「Tribuna do Norte」紙は、日本がギリシャに痛恨の引き分けを喫したことを報じるとともに、レシフェに引き続き、試合後の清掃活動を行った日本人サポーターを「礼儀正しく、応援では満点であった」と賞賛した。

 1面では「決着はつかなかった……」の見出しとともに、泣き崩れる日本人女性サポーターの写真を大きく掲載した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=666441

地元紙も日本サポーターのゴミ拾いを賞賛

20付1面。中段の写真で日本サポーターを掲載。「日本とコートジボワールに最終戦での予選突破のチャンスが残されたものの、試合結果は多くの日本人応援団を悲しませた」「審判の笛が鳴り終わると、日本人サポーターやその他の人によるゴミ拾いが始まった」

 試合内容に関しては、W杯特設面で「お祭りであってフッチボル(サッカー)とは言い難かった」、「ゴールのない試合は、全ての観客を失望させた」と報じ、地元ナタウの人々が、ハチマキや青と白のユニフォームを着て、日本人とともに日本代表チームの応援を楽しんだが、試合内容に関しては満足しなかったと、皮肉を交えて報じた。

 しかし、同じ1面では、試合後スタジアムのゴミ拾いをするサポーターの写真も大きく掲載。中面のW杯特集面では、レシーフェでのゴミ拾いが大きく報じられたことで、地元のブラジル人たちも活動に賛同。一緒にゴミ拾いをしたことを写真付きで報じている。

 日本での議論はともかく、ここブラジルでは日本人サポーターの行動は好意を持って迎えられている。さらには、ブラジル人にもゴミ拾いの輪を広げていることは確かだ。地元紙曰く「満点の応援」がクイアバの人の心も掴むのか。また「礼儀正しい」と称される応援が、日本代表チームに奇跡を起こすことができるか、期待したい。

地元紙も日本サポーターのゴミ拾いを賞賛

前述の1面(左)と、W杯特集面の1面。「お祭りであったが、サッカーとは言い難かった」

<取材・文・撮影/遠藤修哉>




おすすめ記事