雑学

世界的大ヒット「自撮り棒」は、’83年に日本で発売されていた

 世界的な自撮りブームのなか、大ヒット商品となった“自撮り棒”。アメリカの『TIME誌』では「’14年ベスト発明品」にも選ばれているほどだ。

自撮り棒

Amazonでも多種多様な「自撮り棒」が取り扱われている。写真はETSUMI「ETM-83908」

 だが、実は自撮り棒の発明は’83年。同様の商品がミノルタカメラ(現コニカミノルタ)から発売されていたのだ。その名も「ミノルタ・ディスク7」。シャッターボタン付きのセルカ棒が付属している自分撮り専用カメラだ。当時のことをコニカミノルタに聞くと、「よくわからない」との回答。

「わかっているのは、’85年にアメリカで特許を取得し、その後、失効したことだけ。開発の経緯や反響なども残念ながら不明です」

 そこで、日本カメラ博物館・学芸員の井口芳夫氏に聞いてみた。

「当時は自撮りなんて発想がない時代でしたから、オモシログッズとして扱われたようですね。また、使い勝手の悪さからあまり普及しなかった『ディスクフィルム』を使用していたこともマイナー性を高めてしまったのでしょう」

 まさに生まれた時代が早すぎた商品だったのだ。

自撮り棒

自撮り棒で大谷選手と記念撮影する女子高生。発明したのは、’80年代の日本人だった(写真/産経新聞社)

― [あの大ヒット商品]は既に日本で作られていた! ―

ETSUMI 一脚 セルフ撮りスティック ブラック

いろんな場所で気軽に自分撮り!




おすすめ記事