デジタル

’79年に発売された任天堂のお掃除ロボット「チリトリー」、発想と仕組みはほぼルンバ!?

 ’02年に米国のiRobot社が発売し、世界的ヒットとなった掃除機ロボット「ルンバ」。実はその先駆者的な製品は、’79年に日本で発売されていた。その名はチリトリー。発売元は任天堂だ。

チリトリー

日本でも中古品はほぼ見ない珍品。写真は玩具&ゲームブログ「beforemario」の提供

 さっそく同社に問い合わせてみたところ、「昔の製品についてはコメントできない」とのことだったので、ゲーム史に詳しいフリーライターの多根清史氏に聞いてみた。

「同製品の開発に関わった横井軍平は、ゲームボーイなどの開発で知られる天才的な人物。玩具畑出身で、太陽電池の仕組みを使い光線銃の玩具も開発と、発想の転換で数々の製品を作った人なんです」

 なるほど見た目もコンセプトもルンバにかなり近いのはすごい。ただ、「時として技術が追いつかないものも製品化してしまう人」との言葉どおり、吸い込めるのは消しゴムのカスやパンくず程度。やはり時代が早すぎたか……。

― [あの大ヒット商品]は既に日本で作られていた! ―




おすすめ記事