恋愛・結婚

あえて美女を「チェンジ!」する“チェンジ魔オジサン”の真意とは?

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは自らを饒舌に語るのか』(青土社)、『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)などの著作で「性を商品化する」女性たちの内面を活写し注目されている文筆家の鈴木涼美が、「おじさん」をテーマに日刊SPA!で連載する「おじさんメモリアル」第3回!

「おじさんメモリアル」第3回【第3回 チェンジ! YESウィーキャン!】

 若い女というのは世の中で最も愛されるべき存在だと思うのだけど、それなのに、あるいはだからこそ、何かと世間の目は厳しい。おばあさんが地べたに座っててもそんなに誰も批判しないのに、若い女が地べたに座ったらすぐにはしたないってなるし、地下鉄やバスの中でちょっと口紅直したりポッキー食べたりしたら、またすぐに大人たちは品のない非常識なバカなねーちゃんのレッテルを貼ろうと追いかけてくるのだ。電車やバスで加齢臭をふりまくオジサンに、若い女が苦言を呈したら、オジサン泣いちゃいそうなのに、まったく納得がいかない。多分、全てを持っている若い女のパワーに対する、オカネ以外はあんまり何ももっていないオジサンの復讐なのだと思う。

 31歳になると、若い女というレッテルについては果たしてまだ貼って歩いていていいものかどうか微妙なところなのだけど、私もかつて19歳や21歳の正真正銘の若いオネエチャンだった。おっぱいはブラジャーなんてしなくても乳首が水平よりもちょっと上を向いていて、シャワーをすべて弾くほどに肌にはハリがありました。今回は私が21歳の時、ちょうどセクシー女優として活動開始した直後のお話です。

⇒この続きは連載をまとめた単行本「おじさんメモリアル」で

<イラスト/ただりえこ 撮影/福本邦洋 写真:AP/アフロ>

おじさんメモリアル

著者が出会った哀しき男たちの欲望とニッポンの20年
日刊SPA!の連載を単行本化


身体を売ったらサヨウナラ

夜のオネエサンの愛と幸福論




おすすめ記事