今年を熱く締めくくるオトナのショーパブへご招待!

 気がつけば師走。思い返せば今年は大変なことばかりだった。そんな年くらい楽しく締めくくりたい。そんな折、悪友たちの忘年会の幹事を仰せつかった苫米地。「安く、みんなでワイワイできる店はないものか」と思案していると、お馴染みの夜遊びガイドO氏が相談に乗ってくれた。「それならやっぱりショーパブでしょう!」と教えられ、下見に向かったのは六本木。氏によれば、大衆的なショーパブが元気なのが六本木なのだという。

あまりの迫力にしばし呆然、そして絶叫!


「まずは元気のいい店で、テンションを上げていきましょう!」と案内されたのは「バーレスク」。映画『バーレスク』をモチーフにセクシーでド派手なショーが楽しめる店だという。レディー・ガガのポスターがベタベタ貼られたドアを開けると、熱気ムンムンの店内。曇るメガネのレンズに動揺していると、「いらっしゃいませー」と女のコたちが元気よく迎えてくれた。急いで曇りを拭い、見回すと、水着、水着、水着! 総勢20人ほどはいようか。聞けばガールズバーだが、一日3回女のコたちが出演するショーが催されるそう。


 さっそく美女と乾杯しようとすると、「このお札に換金してください。ドリンクや女のコのチップとしても使えるんですよ」と見せられたのは「RION(リオン)」という六本木の“有名人”を模したような名の店内通貨。1リオン=100円のレートだそうで、O氏とそれぞれ5000円を両替。100枚の札束がドカッとテーブルに置かれ、一気に“大金持ち”気分に。

すると舞台が突如暗転。派手な音楽とともにショーが始まった。舞台前のかぶりつき席に案内された俺とO氏は札束の扇子を振り野卑な笑いを浮かべる。

 最初は椅子を使ったセクシーダンス。椅子を男性に見立ててからみつく。さっきまでニコニコと接客してくれていたコもセクシーな衣装に身を包み、妖艶な表情で踊り出す。思わず身を乗り出すと、なんと舞台へのお誘いが!? 椅子に座らされると、目の前で誘惑の舞を披露。「マナ板の上の鯉」とはこのことだ!

 お次はテーブルダンス。女のコがテーブルに上がり、激しく腰を振る。見上げれば尻尻尻……『お尻倶楽部』を愛読する俺にとっては極上の光景だ。

⇒ 後編はこちら

ド迫力のテーブルダンスはもちろん、凝ったショーも見もの。ラストはAKBの曲に乗り、お客さんとダンス。ショーが終わると女のコが各席を回る。気前よくチップを弾み、いや挟みたい




【バーレスク】

住:港区六本木7-13-2 アーバンビル4F 
電:03-6447-2037 
営:21時~翌3時(最終受付翌2時) 
休:日・祝 
料:3000円~(60分・飲み放題)●左からかんち、いちご、Miiちゃん

⇒ 後編はこちら

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事