第五十夜【前編】

お水の裏側拝見!

不況下で夜の街に急増している派遣キャバ嬢って何?


【担当記者:テキサス】

「お仕事は何しているんですか?」とキャバ嬢に聞かれたら、「トラックの運転手。だから、営業メールされてもなかなか通えないよ」と、最近は財布の紐を締めるため、早めに防衛策を講じるテキサスです。

 それにしても最近、キャバ嬢と仕事話に花を咲かせていると「昼の仕事と掛け持ち」という声をよく耳にする。聞けば、プロフィールを登録して好きなときにお水のお仕事ができる、派遣キャバ嬢がいるのだとか。そこで、今回はお遊びを控え、業界の裏側を見学。都内唯一の水商売専門派遣会社「アシスト」に話を聞いた。

「お金はほしいけど水商売1本はイヤ」

「派遣キャバ嬢のシステム(左囲み参照)は至って簡単です。面接後に会員番号とパスワードが与えられ、弊社のサイトで店舗情報を検索。仕事をしたい曜日などの条件設定をすると、条件に合った店舗情報が女のコにメールで送信されるようになっているんです」

 営業部長の松浦宏哉氏が、そう解説してくれた。女のコはメールで送られてきた詳細情報をチェックし、気に入った仕事があればシフト登録をして店に直行! ワンコールワーカーという派遣労働が話題になったが、そのお水版と言える。まさに”ワンコールキャバ嬢”と呼んでもいいだろう。

 また、同社の登録スタッフの大半は水商売経験者。登録後に簡単な説明はあるが、「水商売のいろは」を指導することはない。

「依頼の5割強はキャバクラですが、クラブやスナック、ガールズバーなどにも派遣しています。店により接客方法も違うので、基本的には派遣先の店で指示を受けるようになっています」




yoru50_1.jpg

ナイトワークの人材派遣会社「アシスト」(http://assist-web.net/)の
登録者数はなんと約3700人。もともとはスカウト会社だったが、
スカウト行為への規制強化から’04年に開業した



★ワンコールキャバ嬢の派遣されるまでの流れ」

【1】派遣会社に登録」
お店から派遣会社に仕事依頼

【2】お仕事メール確認

yoru50_2.jpg

条件が合えば……

【3】仕事場へ直行

yoru50_3.jpg

登録後、お仕事メールを受信。そこには「スーツはひざ上10cm
以上のもの」など細かい条件が書いてあり、働く条件が合えば
お店へ直行!





撮影/磯野祐次

テキサス 「女のコとの会話は最高の前戯」がモットー。趣味は年間50回ほど行くキャバクラとFX
テキサスの他の記事