第六十夜【中編】



【担当記者:テポドン&苫米地】

北関東最大の夜街は21時に花開く

yoru60_10.jpg
 土浦駅前の桜町にはおよそ50軒のキャバクラとセクキャバがあり、メイン通り「きらら通り」の駅寄りがキャバやセクキャバ密集地帯、200mくらい奥側がヘルス&ソープ街となっており、棲み分けができている。向かった先は老舗のキャバクラ「W」。しかし、なんと満席で入店できず。無料案内所で途方に暮れることとなった。

(苫)「おい、さっきからマット、マットうるせぇぞ!」

(テ)「いや、まずは一発抜いてからでもイイじゃねぇかよぅ……」

(苫)「よし! じゃあ、2軒目に行こうと思っていたオッパイパブに行こう! ここはハズレない。絶対に間違いねぇから!」 

(テ)「でも、オッパブなんて、蛇の生殺しだろ? なんだかなぁ~」

(苫)「1時間くらい後なら入れるって店長が言ってたから、オッパブでアゲとこうや」

 そして向かったのは、オッパイパブの老舗「C」。

 入店してから20分……。




yoru60_11.jpg
アウェイの風俗街では強力な味方となる案内所だが、
土浦ではなんと無人。しかも看板の数が少ない!
ここで店を決める人っているのか?



「マット、マットうるせぇんだよ!」と苫米地に叱られながら徘徊
するテポドン。しまいにはカメラマンからも「うるせぇ!」と一喝
されることに……。





カメラマン/野中ツトム(清談社)

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事