第六十夜【後編】



【担当記者:テポドン&苫米地】

(テ)「オイ、ここのハッスルタイムはたまんねぇなぁ!」

 ホイッスルの音に合わせて、次々とオッパイが入れ替わる。めくるめく続くイリュージョン。

(テ)「話が続かなくて苦戦したけど、オッパイは正直だね~」

(苫)「話なんかしなくてイイから、ずっと踊ってろってこったな」

 心ゆくまで20人からのオッパイを堪能して、1時間4000円。本来なら5000円なんだが、土浦では2名以上は団体割引適用となるのだ。恐るべき地方ルール!


yoru60_12.jpg
値段交渉中の2人の顔はスポーツ選手の年俸交渉並にシビア

yoru60_7.jpg
土浦は往年のダジャレ系店舗風俗が多数存在。「素股信用
金娘」って……”金”は預けたくないが、玉は預けたい



 その後、最初の店に戻るもまたしても満席でアウト。それにしても土浦は活気がある。歩いている人は少なくとも、店にはびっしりと人がいるのだ。

 結局、「W」はあきらめて系列の「A」へ行くことに。道すがらAの店長に土浦事情を聞いてみた。 「キャバは潰れないですね。潰れても年に2軒。まぁ、腐っても桜町ですからね」

 と、北関東の雄ならではの力強い一言だ。また、値段が安いことも魅力だが、安いからといって手抜きがないのも嬉しいことの一つだ。地方特有の”ふんだくってやる”的な雰囲気はどの店にもない。

 その後、Aで飲んだ勢いそのままに土浦初のニューハーフパブ「Z」へ。豪快なオカマトークに対し、ペニクリ、ケツマンなど、二丁目仕込みの男色用語で応戦したところ、気がつけば午前3時で見事に泥酔。残念無念のバイバイタイム。カメラマンの車で帰路に就いたのであった。

(苫)「何度来ても土浦はイイ街だな。安くてサービスもイイ。夜9時にネオンが一斉に点くのも味があるよな。よかっただろ?」

(テ)「マット行きたかったなぁ……」

(苫)「うるさいよ!」

 土浦の余韻に浸りつつ、深夜の高速を疾走したのであった。


yoru60_13.jpg


カメラマン/野中ツトム(清談社)

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事