揺れる谷間とビキニギャルたち。浅草で夏を感じる常夏ガールズバー

 月になれば立春があり、暦の上では春になる。とはいえ、2月は一年で最も寒い時期であるのは、誰でも知るところである。寒さが大の苦手な私にとって、この時期は一年で最も過ぎ去ってほしい時期でもある。

俺の夜 夜遊び仲間であるT先輩から「浅草に夏があった」という意味深なLINEが届いたのは、東京で雪が舞った1月のある日のこと。これまでもT先輩のオススメはハズレたことはない。とにもかくにも浅草へ。駅を出て、スマホ片手に路地を曲がると怪しい光に照らされたビキニ姿のマネキンが目に飛び込んだ。そう、ここがお目当ての店、「CocoPine」である。

ビキニとアロハで常夏気分が楽しめる!

俺の夜

前列左から、るいチャン、もなチャン、るかチャン。後列左からゆかチャン、ももチャン。みんなノリもいいし、お酒大好きだし、居心地ももちろん◎なお店だ

「いらっしゃいませ~」と出迎えてくれたのは、ビキニとアロハのかわいコちゃん5人組。思わず、カーッ! と年がいもなくアガってしまい、その勢いのまま生ビールとキャストの5人に振る舞い酒を注文して「乾杯!」のゴングを鳴らしたのであります。

俺の夜

もちろんソーシャルディスタンス&感染予防もしっかりしている。今回は撮影のため特別に……

 もはや夜の店では定番となった、感染予防のアクリル板。このアクリル板越しの“エア乾杯”も夜遊びの新様式。最初は違和感があったのだけど、安心安全、清潔、除菌は夜の店では必須項目だ。

 加えてこちらのお店は水着ガールズバーである。強調できる胸の谷間も必須項目。グラスのビールが揺れるように、目の前でプルプルと揺れる谷間を眺めながらの酒はなんとも旨い。

俺の夜「やっぱり、女のコの採用基準はプルプルしてることなの?」とママのまなチャンに聞くと、

「水着でいけるぞ!って思ってるコを採用してるから、そこは必然的に……ですね(笑)。あとは海が好きとか、そういうノリが好きなコばっかですよ~」

アゲアゲ気分で乾杯!

 そしてもちろん、ココで働くならばお酒が大好きというのも必須項目だ。ビキニギャル5人の飲みっぷりは、言うなれば“爽快な夏”の感じで、一緒にいるだけで気分はどんどんアガっていく。

俺の夜

やっぱり女のコの水着姿はいいなぁ~と再認識させられた。東京を横断して浅草まで通いたくなる……。そんな店であった

 しかしながらこのご時世である。大声で喋って笑って飛沫を飛ばすのはご法度だ。節度を持って……そう、節度を持って常夏の浅草を堪能したのであった。

俺の夜

胸の谷間もいいけれど、ホットパンツもかなり熱い!

「最近は地元の常連さんが来るくらいだから、早くコロナが落ち着いてほしいですね」

 とはオレンジ色のアロハが似合う、飲みっぷりのいいゆかチャン。早くコロナが落ち着いてほしいなぁ……。真冬でも常夏気分で店を後にしたのであった。

俺の夜【Coco Pine(ココパイン)】
住:東京都台東区西浅草2-25-15ブランシール浅草1F
電:03-5830-6400
営:20時~ラスト
休:年中無休
料:60分3000円(飲み放題)税サ別
※営業時間の変更などがあるかもしれません。最新情報はお店までご確認ください

取材協力/T先輩 撮影/赤松洋太

テポドン エロ系実話誌などで修羅場をくぐったロクデナシがSPA!流の夜遊びに突撃!
テポドンの他の記事

新着記事

バックナンバー