「蕎麦は庶民の食べ物」の精神を受け継ぐ『本家尾張屋』――何百年も変わらない老舗の“こだわり”

日本は世界一の“老舗大国”だという。その中でも特に古い、500年以上の歴史を持つ「超・老舗企業」を紹介。その持続可能な経営の秘密とは!?

「蕎麦は庶民の食べ物」の精神を受け継ぐ『本家尾張屋』
~(京都市中京区)1465(寛正6)年創業~


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1024276

本家尾張屋

9月18日、京都市内に期間限定でカフェをオープン。蕎麦の実や蕎麦粉を使ったスイーツなどが食べられる

 応仁の乱の2年前の1465年、尾張国(愛知県)から京都に来て菓子屋として商いを始めたのが、蕎麦の老舗「尾張屋」の創業者だ。

 蕎麦屋を始めたのは1700年頃。京都の禅寺で蕎麦切りが盛んに食べられるようになったのがきっかけ。寺でまかないきれなくなった蕎麦づくりを、「練る・伸ばす・切る」技術を持っていた菓子屋に頼むようになったことが始まりだという。優秀な職人を抱えていた尾張屋は、多くの寺や御所などに蕎麦を納めるようになる。

本家尾張屋

14代当主が考案した名物の宝来そば

 昭和期になると尾張屋では、いち早く蕎麦の機械打ちを取り入れた。その理由を16代目当主の稲岡亜理子社長はこう語る。

「老舗だからといって、敷居を高くしてはいけない。『蕎麦は庶民の食べ物』という考えが、尾張屋の基本。できるだけ値段を抑えて、日常的に多くの人に食べてほしい。でも、素材には手を抜きません。利尻昆布や宗田鰹を使った『だし』づくりや音威子府(北海道)産の最高水準の蕎麦粉、そして美味しい地下水……。こうしたこだわりは何百年も変わりません。ぜひ京都の蕎麦文化の歴史の奥深さを味わってほしいと思います」

本家尾張屋

本店の建物は、歴史を感じる明治初期の木造建築。一見、敷居の高そうな店に見えるが、せいろそば864円、そば白玉ぜんざい540円、そば餅5個550円など、意外とリーズナブル

【本家尾張屋 本店】
京都市中京区車屋町通二条下る 
電:075-231-3446
http://honke-owariya.co.jp/
営:11:00~19:00(菓子販売9:00~)ほか四条店、高島屋店など市内に支店あり。錦富小路店のカフェは’16年3月27日までの期間限定
― 創業500年以上の日本企業 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中