雑学

ドイツ人はラーメンを「麺抜き」で注文する!? ドイツの意外なラーメン事情

 ニューヨーク、東南アジア、ロンドン、パリなど世界各地で日本のラーメンブームが加速中なのは周知の事実。寿司や天ぷらのような海外での日本食定番メニューとなる日も遠くないだろう。そんな中、ドイツ各地でもラーメン屋が次々とオープンしている。そこで、ドイツのとある街のラーメン屋で働く鈴木氏(32歳・男性・仮名)に現地のラーメン事情を聞くと、日本のラーメン屋にはいない変わった客のエピソードを教えてくれた。

「ラーメンのスープだけ飲みほして、麺をひと口も食べずに残しちゃうお客さんがいるんだよね。ドイツ人はラーメンをスープ料理だと思ってる人が多くて、ラーメンを麺抜きで注文したり、スープだけ飲んで麺を全部残しちゃったり」

 鈴木氏は、「料金も変わらないし、もったいないな」と思いながら伸びきった麺が残る器を下げているとのこと。また、ラーメンをスープ料理だと捉えているドイツ人は、日本人からすると不思議な食べ方をするらしい。

「それと、スープ料理だからって、飲み物を頼まずにラーメンを食べる人も多いよ。ここではドイツ産の豚や鶏がらの出汁を使った日本風のラーメンを出してて、味噌ラーメンが一番人気なんだけど、飲み物なしで、味の濃い味噌ラーメンをずるずる食べているのを見ると、ちょっと驚いちゃうよね。日本じゃ考えられない」

味噌ラーメン画像

※画像はイメージです

 日本と異なりドイツの飲食店では、水にも料金が発生するので、食べ物を頼むときに水を頼まない習慣も影響しているのかもしれない。それにしても、熱々の味噌ラーメンを飲み物なしで1杯食べきるのはなかなか厳しい気がする。ほかには、日本ではまず言われない要望をされることがよくあるという。

次のページ 
餃子を食べてるときにラーメンを出すと怒りだす!?

1
2





おすすめ記事