死ぬまでに一度は見たい「世界のカーニバル」BEST5 ――15年間世界を歩いた旅の達人が厳選

15年間、世界中のカジノを放浪して勝ち続けてきたプロギャンブラーのぶき。「『人生』とは自分軸で生きること、『賭け方』とはこの1時間をどう使うかの戦略だ」と言い切る。世間体から解き放たれ、「スマイル基準」で人生を勝ちへ導く男が語る生き様論。

プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」〈第14回 死ぬまでに一度は見たい「世界のカーニバル」BEST5――15年間世界を歩いた旅の達人が厳選〉

 イヤッホイ! 今年もやってきました、カーニバルという名のお祭りの季節。僕は15年間も旅をし続けた旅バカで、世界を6周半してきた。世界を感じるには、世界の人と触れ合うのがベスト。人と一番多く触れ合えるチャンス、それがお祭りだ。

 海外のお祭りの時期は2種類ある。カーニバル時期か、それ以外か? それくらい海外のお祭りはカーニバルの時期に集中している。日本でお祭りといえばお盆あたりの時期を指すけれど、海外では例年2月~3月のどこかで不定期に開催している。今年は2月9日がFAT TUESDAYと呼ばれるクライマックスだ。

 そして、日程が集中しているため、たくさんのカーニバルを見ては周れない。同じ年に複数のカーニバルを周ろうとするなら、お金をかけて飛行機で強引に移動したり、寝る間を惜しみバス移動で寝たりしていくしかない。ホテルは満室ばかりなので、空港で寝てまでも、カーニバルに参戦してきた。15年も旅すると、旅仲間とおしゃべりし、自分も参戦しまくることで、すごい数のカーニバル情報が蓄積できた。

 お祭りの形態には2種類ある。参加型か観賞型か。日本のお祭りでいえば、神輿を担いだり、盆踊りしたりもできるのが参加型。それに対し観賞型は、京都の祇園祭やだんじりみたいにすごい催しモノを見て感動する。みんなで観賞しているのもおもしろいけど、参加したほうが、より祭りの雰囲気を感じれて楽しい。

 海外のカーニバルを紹介するのにトップ10までは必要ないと思い、ベスト5から漏れたのを先にご報告。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1046301

フランス・ニースの花合戦

フランス・ニースの花合戦

 南仏ニースの花合戦では、美女がお花を投げてくださる。

 メキシコ最大のカーニバルはベラクルス市で開催され、夜中3時でもメキシカン音楽が鳴り響き、踊りまくって飲み明かした。

 パナマのカーニバル伝統の地ラス・タブラスでは、「水かけ祭り」という名の大戦争が勃発する。

トリニダード・トバゴの紙吹雪大戦争

トリニダード・トバゴの紙吹雪大戦争

 中米最大のカーニバルはパナマシティで開催され、紙吹雪を一斉に投げつけ合う。大都市だけにすんごい人の出の向こう側をパレードが通る。カリブ海のトリニダード・トバゴは訪れにくいけど、スティールパンというドラムの音も幻想的だ。

ドイツ・ケルンのカーニバル

ドイツ・ケルンのカーニバル

 ドイツ・ケルンでは、パレードをみる側もコスプレ。ケルン大聖堂の前もこの日はハロウィンみたいになる。この参加者側のノリもすてき。

ベルギー・バンシュの世界無形遺産カーニバル

ベルギー・バンシュの世界無形遺産カーニバル

 ベルギーの世界無形遺産カーニバルのバンシュでは、パレード中にオレンジを配ってくれて、その後2日間の食事はオレンジと化した。

 では、お待ちかね、旅の達人が選ぶカーニバル・BEST5。
どぅるるるるるるる、どぅっん♪

第5位、リオのカーニバル@ブラジル(観賞型)

リオのカーニバル

リオのカーニバル

 世界三大カーニバルって、不動のものではなくて実のところバラバラ。だけど、唯一リオだけは常に選出されている。つまり、カーニバルの王様。この街はカーニバル以外のときも、ノリが世界トップのひとつ。

第4位、みんなで太鼓を叩いて参加型のサルバドール・ブラジル

 1か月前から日本人宿と呼ばれる日本人専用の安いホテルに泊まり、太鼓を練習して、カーニバルではパレードの出演者となり練り歩く。

第3位、仮面舞踏会ヴェネチア@イタリア

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1046306

イタリア・ヴェネチィアの仮面舞踏会

イタリア・ヴェネチィアの仮面舞踏会

 写真を撮られまくるコスプレ側と、観光客のカメラマン側とで分かれる。ぜひコスプレして参加しよう。着物などの和服もウケル。写真の日本人女性は和風仮面舞踏会コスプレして、写真を撮られまくっていた。

第2位、オレンジ戦争。

 オレンジを投げ合う奇祭。基本は観賞型。というのも、地元民しか参戦できないので。お祭り最後のほうで紛れ込めることもあるとのこと。
※参考動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=q9OFImaVclg



 そして、第1位はマジで世界最狂の『おっぱい祭り』

 男として生まれてこの祭りに行かないなんて人生の損失。それくらいヤバく楽しいお祭り。日刊SPA!読者さんにも是非体験してもらいたいので、詳細は次回、掲載♪

 ちなみに、リオ市民のスタンスは、カーニバル終了の翌日から、「カーニバルまで、あと364日」と動き出す。リオ市民はカーニバルのために、生きてる。どこの国もいろんな不平不満やストレスが必ずある。年1回のお祭りを楽しみに生きて、ストレスを解消する。僕ら日本人は、外国人のストレス解消法から、改善するのもお勧め。

【ストレス解消日を作り、ストレスをリセットさせる】by 人生の賭け方

 日本人はストレスをアップダウンさせながらも、常に保持している人が多い。飲みでも、旅でも、休日の遊びでも、長期休暇でも、なんでもいい。そこでストレスをゼロスタートできるように、思いっきり発散させる。ストレスをリセットすることで、今後に生じるストレスも「消せるストレス」と認識できて、ストレスを軽減させることが可能。これが、世界のカーニバルから学んだ日本人のストレス解消法。ぜひ、お試しあれ♪

【プロギャンブラーのぶき】※facebookフォロワーさん大歓迎
1971年東京都生まれ。15年間カジノで勝ち続けたお金だけで、世界6周。東日本大震災時、ボランティアのため一時帰国。すると、メディア・講演依頼など各方面から引っ張りだこに。検索「プロギャンブラー」にて独占状態。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎)
FACEBOOK https://www.facebook.com/nobuki.progambler
オフィシャルブログ http://blogs.yahoo.co.jp/nobukiaa

勝率9割の選択

自らの人生は、自らの手でつかむ!!

ギャンブルだけで世界6周

15年、82ヶ国、500のカジノを旅した、勝負×旅エッセイ!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中