ホーガンに取られたキングコング・バンディ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第52回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第52回


 キングコング・バンディは、ハルク・ホーガンのおあつらえ向きのライバルとしてWWEのリングにデビューした。“正義の味方”ホーガンを狙って次から次へと出現するヒールはとにかく体がケタ外れに大きくて、悪くて、わかりやすいことが必須条件だった。

キングコング・バンディ

“歴史のif”といってしまえばそれまでのことだが、キングコング・バンディは新日本プロレスの看板外国人選手になるはずのレスラーだった。(写真はWWEオフィシャル・マガジン表紙より)

 身長6フィート3インチ(約190センチ)、体重500ポンド(約226キロ)の超巨体で、頭をツルツルに剃り上げたバンディは、ホーガンが因縁ドラマを演じる相手としてまさにうってつけの人材といってよかった。

 1957年、ニュージャージー州アトランティックシティー出身。本名クリストファー・ポリース。1976年、クリス・キャノンのリングネームでデビューしたがいまひとつパッとせず、1982年にダラスのWCCW(ワールドクラス・チャンピオンシップ・レスリング)で“客席から乱入してきたファン”という設定で再デビュー。

 悪党マネジャーのゲーリー・ハート、スカンドル・アクバらとの合体で大型ヒールに転向し、キングコング・バンディと改名。エリック・ファミリーとのロングランの闘いでいっきにメインイベンターのポジションにかけ上がった。

 ダラスWCCWの大ボス、“鉄の爪”フリッツ・フォン・エリックとの“髪切りマッチ”に敗れて頭をツルツルに剃られ、そのまま“タコ入道”スタイルに変身した。フリッツの引退試合の相手をつとめたことで注目を集め(1982年6月14日=テキサス州ダラス、テキサス・スタジアム)、その後はNWAジョージア、ディープサウスのMSWAをツアー。1985年1月、新日本プロレスの北米ブッカー、ジョー大剛のブッキングで初来日した。

 “歴史のif”といってしまえばそれまでのことなのかもしれないが、バンディは新日本プロレスの看板外国人になるはずのレスラーだった。1985年の新日本プロレスは第一次UWF(前田日明グループ)、ジャパン・プロレス(長州力グループ)の2派閥が大量離脱したあとの“冬の時代”。バンディはジョー大剛が発掘した“まだ見ぬ最後の強豪”の第1号として新日本プロレスのリングに上がり、シリーズ序盤戦ではタッグマッチながらアントニオ猪木から当時としてはひじょうにレアなフォール勝ちをスコアした。

 このシリーズにはホーガンも同時来日していた。バンディのキャラクターとその潜在的な商品価値に目をつけたホーガンは、バンディをWWEにブッキングした。結果的に、看板外国人候補といわれたバンディと新日本プロレスとの関係はたった1シリーズで切れ、バンディ自身は同年3月、WWEと専属契約を交わした。

 “レッスルマニア1”(1985年3月31日=ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデン)に出場したバンディは、“前座の名物男”スペシャル・デリバリー・ジョーンズとシングルマッチで対戦し、これをわずか9秒で圧殺。この“9秒”という数字は“レッスルマニア”史上最短の試合時間としてのちのちまで公式記録に残されることとなった。

 ちなみにバンディの“9秒”の記録を塗り替えたのは、それから19年後の“レッスルマニア20”(2004年3月14日=マディソン・スクウェア・ガーデン)でジェイミー・ノーブルに“公式タイム8秒”でフォール負けを喫したフナキだった。フナキは確信犯的にこの記録更新を狙っていたという。

 しかし、現在のWWEの“公式記録”にはバンディの“9秒”もフナキの“8秒”も抹消され、レッスルマニアにおけるオフィシャルの“最短試合記録”は、“レッスルマニア24”(2008年3月30日=フロリダ州オーランド、シトラス・ボウル)でケインが“11秒”チャボ・ゲレロにフォール勝ちした試合ということになっている。

 バンディはWWEに約4年在籍後、1988年に持病の心臓疾患が原因で引退。バンディのキャラクターのままコンピュータのソフトウエア関連会社のセールスマンに転身したが、それから7年後の1995年、38歳で現役復帰。“レッスルマニア11”でアンダーテイカーと対戦した(1995年4月2日=コネティカット州ハートフォード)。

 バンディはその後、ニュージャージーでレスリング・スクールを開校。数年まえまでは東海岸エリアのインディー・シーンで気ままに試合をしていた。現在は、80年代のレジェンドとしてファン・コンベンションなどに出演している。ホーガンとの出逢いがバンディというレスラーの運命を変えたのだった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

20_nikkan40_nikkan

この特集の記事一覧

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中