2時間で村人30人を惨殺…「津山30人殺し」は日本の犯罪史上最大の悲劇【大量殺人事件の系譜】

 戦後最悪の殺人事件となった、相模原障害者施設での惨劇から2週間が過ぎた。犯行の動機や容疑者の心の闇、そして弱者がターゲットにされた犯罪史上類を見ない事件の全容解明は、今後、司直の手に委ねられるが、こうした大量殺人事件はこれまで幾度となく繰り返されてきた。「事件は社会を映す鏡」という。いくつかの大量殺人事件を振り返りながら、浮かび上がってくる時代と事件の背景を探り、大量殺人事件の系譜を考察してみる。

津山30人殺し(1938年)大量殺人事件の系譜~第1回~


津山市 相模原事件では、わずか1時間で19人が命を奪われた。だが、2時間ほどのあいだに1人の男が村人30人を惨殺し、集落全体を鮮血に染める大惨劇が過去にあった。それは戦前にまでさかのぼる。

 1938(昭和13)年5月21日未明。日本の犯罪史上最大の悲劇が起こった。「津山30人殺し」である。鳥取県境に近い、岡山県西加茂村(現在の津山市)貝尾集落。山間の寒村だ。21歳の都井睦雄は用意周到にも、電線に細工を施し村を停電させた上で凶行におよんだ。闇夜の中、その出で立ちは異様そのものだった。

 黒い詰襟の学生服を着て、鉢巻をした頭には2本の懐中電灯を角のように差し、首からもライトをさげていた。午前1時すぎ。まず、斧を振り下ろして自分の祖母の首を撥ね飛ばす。そこから村人を次々に襲撃。集落の約半数にあたる12戸を襲い30人を殺害、3人に重傷を負わせた。凶器は斧のほか、日本刀と匕首、改造した猟銃だった。無防備な老人や女子供にも襲いかかり、刃物でメッタ刺しにし、銃を乱射。

「こらえてつかわさい……」

 そう哀願する老婆にも容赦がなかった。その冷酷さは、とても人間の所業とは思えない。恐怖のどん底に陥った殺戮現場は、凄惨な地獄絵図と化す。この残忍極まりない事件をモチーフに描かれたのが、ベストセラーとなった横溝正史の小説『八つ墓村』である。犯人の都井は犯行直後、集落から3.5キロ離れた山へ登り、猟銃で胸を撃ち抜き自ら命を絶った。自決する直前にしたためた遺書に、都井はこう記している。

<病気は悪くなるばかりとても治らぬ様な気分になり世間の人の肺病者に対する嫌厭白眼視、とくに××××と言う女のつらくあたること、僕は遂にこの世に生くべき望み若人の持つすべての希望を捨てた。そうして死んでしまおうと決心した時の悲しさは筆舌につくせない>(「××××」は原文では実名)

<にくめばにくめ、よし必ず復讐をしてかやつを此の社会から消してしまおうと思うようになった>

 都井にいったい何があったのか。そこには、当時の時代背景と社会情勢も大きく関係していることが垣間見えてくる。

次ページ非国民、変質者の烙印を押された都井の苦悩

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中