ユニクロのパンツ(下着)のはき心地が「ほぼノーパン」

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第98回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 私はユニクロの服についてこれまでたくさん書いてきましたが、ユニクロと契約関係や金銭の授受などは一切ありません。ステマなどをすることもなく、ユニクロの製品でよいと思ったものは褒めて、悪いと思ったものはバッサリ遠慮なく斬って捨てます。毎度「ユニクロの買うべきベスト5」と「ユニクロの買っちゃいけないワースト5」のどちらも執筆しているあたりからもご理解いただけるかと思います。お金もモノももらわず消費者と同じ目線で自分のお金で買って、いいか悪いかを判断し、その結果を情報として提供する。これが当たり前のことだからです。

 ただユニクロの方とは縁あってごくたまに情報交換で飲みに行ったりはします。そこで伺うのは「どうしてあの商品はこういうつくりなのか?」といった細かい話になることが多いので大変勉強になるのですが、先日は少し毛色の違う話となり、こんなことを言われました……。

「MBさん、ウチのアンダーウェアはいたことないでしょ?」

 実は私は一つこだわりがあって「下着だけはユニクロをはかない」というポリシーがあるのです。

ユニクロのパンツははかない主義

 「イザ」というときに、脱いだ姿を女性に見られて「あ、コイツのパンツUNIQLOかよ」と思われるのが嫌なんです。カルバンクラインが出てくるなら「この人パンツまで気をつかってるのね」と思われるかもしれませんが、ファストファッションのアンダーウェアだと「細かいところまで気配りできない人」という印象になるのがイヤなのです。

 考えすぎと言われればそれまでですが、「絶対失敗したくない“イザ”というとき」はいつ起こるかわかりません。微塵の隙も与えないのが男だと思っているので、「避妊具がない」「パンツがダサくない」「体毛が見苦しくない」などといったケアは「イザ」を盛り上げるための男の嗜みだと考えているのです。

 だからこそ「パンツだけはある程度の品を身につけよう」というポリシーがあるのです。

 しかし、「ユニクロのアンダーウェアは世界が変わるくらいはき心地がいい。見た目も無地のローライズなら問題ない。絶対にはいたほうがいい。もう一度言う“世界が変わる”くらいはき心地がいい」と飲みの席で強く言われて、しぶしぶ買って試してみたのです。

 私は上述のポリシーがあるだけにありとあらゆる高級パンツを履いています。一着1万円を超えるものもあります。そんな私を籠絡しようだなんて、たかだかユニクロのパンツで……。

次ページほぼ「ノーパン」に近い!!

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中