「イタリア車は壊れやすい」は迷信だ!

今回は、約30年ぶりに登場した3代目ジュリエッタの試乗記を余すことなくお伝えする予定でしたが、約7割が壊れやすい中古ドイツ車批判となっております。ドイツ車乗りのみなさん、お気を悪くなさらないでください。単にワタクシのクルマ運がないってことです。きっとワタクシが買ったら、イタ車だって壊れるはず(担当K)

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆“イタリア車はドイツ車よりはるかに信頼性が高い”これだけの理由

ジュリエッタ当コラム担当のD級ドライバー・Kは、大変なバカ者だ。「今度は信頼性抜群のイタリア車かフランス車にしろ」と、私があれほど言ったのに、またしても信頼性の低いドイツの中古車(’06年式BMW525i)などを買った。

K「いや、僕は青森県生まれなので、陽気な人間が根本的に信用できないんですよ……」

暗い人間が暗い機械を買って、カネと元気を失う。まさに負の連鎖である。

彼はここ10年で2台の中古アウディを乗り継ぎ、それはひどい目にあってきた。1台目のA3は、買った直後から故障続きで数十万円をつぎ込んでも直らず、結局売却。次のA4はそれよりはマシだったが、それでも故障を頻発させた。

ここ7年間での主な故障は、

・エンジンからオイル漏れ&冷却水タンク割れなどで約27万円
・ホース交換2回で約10万円
・パワーウインドウ故障で約5万円
・バッテリー突然死&交換3回(なぜ?)で約15万円
・オルタネーター交換で約10万円

そして先日、車検のためディーラーに出したところ、エンジンやミッションからのオイル漏れ、燃料ポンプ故障などで「約70万円」の見積もりを出され、ついに手放した。下取りは5万円だったそうだ(涙)。

 最近ド中古のアウディを買ったカメラマンKも、1年ちょっとで修理代が100万円かかり、「ここで手放したら丸損!」という強迫観念で売るに売れなくなっている。まさにアリ地獄である。

そういったドイツ車好きは、「これがイタ車だったら、絶対こんなもんじゃ済まない」と自分を慰めている。しかし事実はまったく異なる。

私はこれまで14台のイタリア車を乗り継いでいるが、深刻なトラブルはほとんどない。しかし2回だけ買ったドイツ車はどっちも故障した。これってどういうこと?

※【後編】に続く⇒ http://nikkan-spa.jp/138953

ジュリエッタ 赤

ジュリエッタはカッコいい。でも似たような感じのクルマなら、シロッコR-Line(379万円)もいいなあ……(K)

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中