R-30

“第3のエコカー”ミライースの燃費を検証してみた

国内外の燃費がいいと言われる最新カーに勝手に戦いを挑み、そしてことごとく撃破してきた無敵の大和(ド中古の初代プリウス)。そんな大和に強敵が出現した! 自称“第3のエコカー”ミライースだ。戦前から今回は好勝負必死と思われていたが、果たして……。デミオ・スカイアクティブを倒した2気筒のチンクチェントも参戦し、三つ巴で戦ってきました!

ありとあらゆるムダを削り、切り詰めた全身節約の塊のイースに乗っていると、田舎の母を思い出しました(担当K)

◆初代プリウス VS ミライース VS FIAT500ツインエア

これまで数々のガチンコ燃費テストを行ってきた我がSPA!燃費取材班は、今回も2台のライバル車を持ち込み、比較テストを試みた。

1台は我らが無敵のエース「大和」。不肖MJがド中古で購入した初代プリウスだ。もう一台はイタリアの至宝・フィアット500ツインエア。900ccの2気筒+ターボで、私がやった他誌の燃費テストでは、あのデミオ・スカイアクティブをも撃破した猛者である。その時の数字は、驚くなかれリッター25.8km! イタリア人を陽気なバカばっかだと思ったら大間違いだ。

つーことで、3台揃って幕張を出発、高速を8km+混雑の激しい一般道を15km、計55分走ってみた。その結果は……。

フィアット/リッター18.1km

むむむ、前回より大幅に悪い。なんせ今回は平均速度25km/h。東京23区内の幹線道路の昼間の平均速度は22km/hだが、それに近かったのだ。それを前提に見ていただきたいのだが、大和/リッター22.4km

まあ、こんなもんか。ちなみに大和、この日杉並→幕張間では、リッター29kmを叩き出していた。

では、ミライースは?

ミライース/リッター22.5km

うおおおお! 無敵の大和が初めて敗れた! デミオ・スカイアクティブやフィットハイブリッドやプリウスαを撃破した大和に、僅差とはいえ勝ったのだ。すげえ! 今回はテクニック抜群の俺がミライースに乗ったってのもあるけどさ。

で、このクルマ、売れるか?

正直、ワゴンR・ムーヴ・タントの軽御三家を突き崩すほどは売れないだろう。軽のユーザーは7割が女性。女性は燃費もさることながら、車内の広さをより重視する。イースはそこそこの広さがあるが、女は必要以上に「小さいといっぱい積めないしぶつかったら怖い」と考えるので、ま、御三家の3~4割かな。

【結論】
これぞ究極のエコカー。節約に徹するならブッチギリでトップ! 地方でひたすら安いゲタを求める層には最適だ。しかし正直、夢や希望や最先端感はナシ。これを買うよりゃ電車に乗るな、俺なら。やっぱ見えっ張りの都会人だから。

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com





おすすめ記事