R-30

広島マツダ工場で作られるイタ車「アバルト124スパイダー」はステキな“ハーフ車”

 イタリアの種馬一族が広島の可憐な妖精と出会い、見た目はガイシャなのに国産車の安心感を備えたステキなハーフ車が誕生しました。純粋でまっすぐ、仁義を重んじそうな広島男児(マツダ・ロードスター)にはないイーカゲンさを持ち合わせており、なかなか憎めません。そんなイタリアの心を持った広島男児がアバルト124スパイダーであります

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
高木博史=写真 Photographs by Takagi Hiroshi

自動車業界にもハーフ芸人現る? 広島生まれのイタリア車登場


 SPA!読者のボンクラ諸君こんちくわ! 突然だけど、ボンクラ諸君は左ハンドル車を運転したことがありますか?

 あ、やっぱりない。左ハンドルどころか免許もない。彼女もない。貯金もない。ないないづくしのボンクラエリートですなあ、ワッハッハ! 私は通常のエリートなので、左ハンドル車を持っています。自家用車3台中2台が左ハンドルです(どっちもイタリア車)。

 よっぽど左ハンドルが好きなんだろうって思うでしょ?

 好きじゃないです。だって不便だもん! 路駐すると運転席から乗り降りがしづらい。駐車券も取りづらい。右折レーンで対向車が見えづらい。いいことなんか何もない!

 それでも左ハンドル車に乗るのは、欲しいクルマがたまたま左ハンドルしかなかったからで、日本で乗るなら右ハンドルがいいに決まってる。近年は輸入車でも大部分が右ハンドルだ。昔は「左ハンドル信仰」なんてのがあったけど、地上げ屋とともに消えました。めでたし、めでたし。

⇒【写真】はコチラ(アバルト124スパイダー)
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1230159


次のページ 
それでも消えないものがある。それは、輸入車の左ウィンカー

1
2
3





おすすめ記事