韓国最大のネチズン組織「VANK」の実態

ネトウヨ,ネチズン,VANK,竹島

韓国最大のネチズン組織「VANK」代表パク・キテ氏(photo by yonhapnews)

 李明博韓国大統領の竹島上陸以降、あらゆるイシューで激突する日韓両国。そんな渦中、活発に活動しているのが「韓国最大のネチズン」、「VANK」だ。

 VANKとは「Voluntary Agency Network of Koreaの略。韓国の「国家ブランドを向上させる」というコンセプトで活動するNGO団体。’99年、個人ペンパルサイトとして出発し、会員数増に伴い「韓国を正しく知らせる」広報団体に発展。日本のネットユーザーからは「韓国のサイバーテロ団体」として認識されている。

 そんなVANKで中心的な役割を果たしているのは学生たちだ。彼らのメールによる各国機関への要請活動やミーティングはオンラインがメインだが、放課後や休日にはオフラインイベントを開き、竹島問題や従軍慰安婦問題を世に知らせるキャンペーンを行っている。ときには、特設ステージまで作り、大規模な野外コンサート形式で、韓国市民に向けた世論喚起活動を行うこともある。勉強や遊ぶ時間を削ってまで、活動に加わる学生たち。メンバーたちは、VANKの活動にどのような思いを抱いているのだろうか。今回、オンライン上でコンタクトを取り、何人かのメンバーの話を聞くことができた。

「私は韓国のブランドを高めるためにサイバー外交官になりました。日本の歴史歪曲を説明するときは感情が高まって……これからは論理的な説明のために勉強が必要だと感じています」

 こう語るのは女子高生のパクさん(以下、すべて仮名・17歳)だ。彼女は現在、従軍慰安婦の問題を勉強中とのこと。ほかにも「外国人が持つ韓国のイメージを変えたい」(リ君・17歳・高2)や、「韓日、韓中が抱えている問題に、有効な解決策を提示したい」(イムさん・18歳・高3)という思いを抱いているようだ。

 一方、「VANKの活動が純粋に楽しいんです」と語るのは、女性高生のキムさん(16歳)だ。「違う学校と合同で行うイベントは、とても思い出深かった」さらに「自分たちの歴史を知る過程が楽しいし、衝撃的」(ハンさん・17歳・高3)と話すメンバーもいた。ある高校でVANKサークルの指導教員を務めるソンさんは言う。「社会的な問題に関心を持ち、経験を増やすことは学生たちにとってい良いこと。活動を積極的に奨励しています」

 VANKの活動は、多感な若いメンバーたちの好奇心を満たす役割も果たしていると言えそうだ。

 韓国は、日本以上に学歴が重視される社会だ。学生たちは受験戦争ならぬ“受験地獄”に備えるため、小学校から塾などに通う子が圧倒的に多い。逆に、スポーツなどの部活に所属する学生たちは、その道のプロになるために専念する。彼らは学生時代に使える時間をしっかりと計算して、自分に投資しているとも言える。

 そんな社会的な背景のなかで、VANKの活動にのめり込むのには理由がある。韓国ではここ数十年で、民主化からIMF危機など急激な社会変革が起きている。また’03年には、盧武鉉大統領が就任し、市民社会の勝利ともいえる左派政権が誕生した。そんな社会変革に対して学生たちも敏感で、積極的に行動を起こす風土が日本よりも強いのだ。

 週刊SPA!9/4発売号「韓国ネトウヨ団体の恐るべき全貌」では、そんな韓国最大のネチズン組織「VANK」代表であるパク・キテ氏を直撃することに成功した。さらには「VANK」を生んだ韓国社会事情と、知られざる“組織”と”カネ”について明らかにしている。 <取材・文/VANK特別取材班>

週刊SPA!9/11号(9/4発売)

表紙の人/鈴木奈々

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中