500円以下の「激安ワイン」は氷を入れて飲むとウマい

日刊SPA!「噂の[激安商品]を試した!」特集では、ルンバやマッサージなど5本の激安商品をレビューしたが、今回はさらにスケールアップ。事故物件や金融車などある意味「ヤバすぎるため、安くて当たり前!」な商品をガチで試して、その実力度を検証してみた!

◆激安な酒を飲むコツは“冷やす”こと

 安い酒をあおって悪酔いし、頭痛や二日酔いに苦しむことはよくある。そこで500円以下の激安ワイン3本をセレクトし、銀座のバー「bar cacoi」のオーナー兼バーテンダー、大場健志氏と共に飲み比べてみた。

「3本とも深みやボディの重さを感じるような飲みごたえはありませんが、良くも悪くも軽くて飲みやすい。家飲み用ならOKですね。冷やしたり氷を入れて飲んだり、サングリアやジンジャー割りにしてもよさそう。ワインに関しては、市場に出回っている以上“大外れ”はないと思っていいです。ただ、飲みすぎると悪酔いするかも」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=605335

 次は“新ジャンル”に属するビールテイスト飲料5缶だ。どれもジュースより安いが……。

「しいて言えば“シャイン・モルト”が一番ビールに近いかも。ただ、いずれもこのジャンル特有の甘さが気になります。発泡酒にウオッカなどのスピリッツを加えているので、ビールよりも酔いやすそう。これも冷やすか、氷を入れて飲むのがオススメですね」

ビール

「冷やして風呂上がりにキュッと飲むべき。バーベキューなどでは1缶ずつ開けて、早めに飲む。ぬるくなったら、甘ったるさが強くなって飲みづらい味になります」と語る大場氏。ちなみにベルギー産の「ユーロホップ」以外はすべて韓国産

 通常、氷を入れずに飲む酒でも、激安となれば氷は必須アイテムになるというわけだ。

取材・文/ヤバい激安取材班
― [ヤバすぎる激安商品]を試す!【7】 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中