世界的陣取りゲーム「イングレス」に岩手県が注目したワケ

Ingress

イングレスのゲーム画面。実際に歩きながら、現在地に対応した地図上で戦う

 グーグルが提供するスマホ向け位置情報ゲーム「イングレス(Ingress)」が、いまにわかに注目を集めている。イングレスは、世界各地にある史跡・名勝・彫刻・ランドマークなどの“ポータル”を取り合い、陣地を広げていくリアル陣取りゲーム。ユーザーは、緑と青の2つの陣営に分かれ、各地の“ポータル”を実際に回遊しながら遊ぶ。

“ポータル”は、都市部や観光地を中心に多数存在しており、たとえば、渋谷ではハチ公、ヒカリエ、宮下公園、尾崎豊記念碑などが“ポータル”として登録されている。手元のスマホからアプリを起動すると、現在地周辺のマップ上に青と緑の光り輝く“スポット”が表示される。これらを追い求めて歩き回っていると、見慣れた街中の知らない一面を発見したり、ダイエットになったりと、ゲームの主目的以外の部分でも楽しむことができる。

 そんなイングレスを、観光PRに活用しようと岩手県が注目している。岩手県は、「岩手県庁 Ingress 活用研究会」を発足。9月25日に第1回研究会が行われた。岩手県は、すでに観光ポータルサイトにて観光情報の発信、旅館などの予約システムの提供のほか、フェイスブックやツイッターなどを活用している。話題になっているとはいえ、なぜイングレスに注目し、研究会発足に至ったのだろうか?

「知人に誘われて始めてみたら、実際に歩いて遊ぶという特徴が、観光地めぐりになるのではと思い、研究会を発足させました」と語るのは、同研究会の主宰で、岩手県庁秘書広報室の保和衛さん(副室長兼首席調査監)。

「庁内の若い人に知恵を借りようと公募したところ、20代~30代の10人が集まってくれ、研究会を始めることができました」(保さん、以下同)

 集まったのは男性のみだというが、第1回の研究会ではさっそく活発な議論がされ、さまざまな課題に取り組む準備が進んでいるという。

「現時点で、岩手県内のポータルが少ないことも課題のひとつ。まずは、盛岡市内で歩いて遊べる“ポータル”を充実させることが当面の目標です」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=723799

Ingress

岩手県の状況。ポータル自体がまだ少ない

“ポータル”は、ユーザーが未登録の“スポット”候補地点から、写真を撮影し、申請することができるが、審査には数か月かかるとも言われている。この点については、「いずれはグーグルに対して提案し、何か一緒にできればと思っています」というので、年度内に開催予定の2回の研究会で具体的な話が進むのかもしれない。とはいえ、グーグルが世界的に展開しているサービスだけに、日本の一地方自治体の提案が通るかどうかは未知数だ。

 しかし、グーグルは、2014年5月に宮城県石巻市で地元団体や企業と協力して、イングレスのイベントを開催。イベントに向け、120か所のポータルを設置している。同イベントでは、東日本大震災で移設された施設に対して、震災前の写真を“ポータル”に登録し、震災前後の姿を参加者が見られるといった工夫もされていた。

 岩手県においても、観光PRと同時に、東日本大震災からの復興の現状を伝えることもテーマの1つに検討しているという。

「震災から3年半が経ち、全国的には関心が薄れ、忘れ去られつつあるという危機感があります。石巻の例を知って、岩手県でも釜石や大船渡などに来ていただき、イングレスを楽しみながら、復興の様子を知ってもらえるキッカケの1つになれば考えています」

 同研究会は、“ポータル”充実のための施策、国体など大規模イベントや旅行代理店との協力イベントの開催、イングレスユーザーによるイベントの開催誘致など、さまざまな可能性を模索していく予定だという。どのような活用プランが登場するのか、今後年度内に2回開催されるという研究会の動向に注目だ。

<取材・文・撮影/林健太>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中