最近みかけるデジタル用語「IoT」ってどんな意味?

IoT(=Internet of Things)。「モノのインターネット」と訳されるバズワードで、2014年頃からよく使われるようになった。かつてよく耳にしたユビキタスとは違うのか? その正体に迫る。

◆画面なし・操作なしでもOK センサーから新しい価値提案

西田宗千佳氏

西田宗千佳氏

「IoT(アイオーティ)は、基本的にユビキタスと近い概念ですが、理解の仕方やイメージするものが異なります。ユビキタスという言葉が盛んに使われていた時期はちょうどPCやネットが一般的に普及した頃で、IoTはスマホの普及がその前提にあります」とは、デジタル系ジャーナリストの西田宗千佳氏(以下同)。

「ユビキタスは、PCなどの情報通信機器が実現する次の価値として、いつでもどこでもネットにつながる、ありとあらゆるものが通信するという社会を目指していました。それは、イメージとしてスマホが実現した部分も大きく、スマホが普及し、次の新しい価値を実現する言葉としてIoTという新しい言葉が生まれました」

 言葉自体は4年前には生まれていたというが、’14年頃からよく聞くようになったのはなぜなのだろうか?

「自販機はかなり前からセンサーとPHSが内蔵されており、商品の残り本数や温度などの情報をセンターに集約していました。ほかにも工場の在庫管理など、企業では使われていましたが、まだセンサー類なども高く、一般の人が利用できませんでした。それが、センサーや通信モジュールを搭載したスマホが普及したことでコストが下がり、ほかにも利用しようという流れになったのです」

 ビジネス利用では具体的な用途が思い浮かぶが、個人利用ではどんなことに役立つのだろうか。

「各種センサーや通信モジュールを載せたモノ同士や、スマホとの連携で、情報を意識せずに得られるようになります。さらに、画面なし、操作なしでも、モノ同士の通信で情報を得るといったことも可能です。例えば、決められた時間にペットにエサをやる機械。ペットにつけたセンサーで体温や体調などを把握、さらに部屋の気温、シーズン、犬種などの情報を合わせ、ネットの情報を参照して、最適なエサやりができるようになったりします」

 ここでは、西田氏が家電見本市「CES2015」などで見つけた気になる最新IoTガジェットを紹介しつつ、IoTの可能性を探っていこう。

◆投げれば自動でパチリ ハイテクドローンで集合写真も快適に撮影<ドローン>

 IoTの基本は、あらゆるモノにセンサーと通信モジュールが搭載され、モノ同士、スマホやクラウドと連携すること。

「インテルが主催したコンテストで優勝した『Nixie』はとてもユニークな製品です。普段はリストバンドのように腕に巻き付けておくことができ、腕を振ると変形して自動で飛び立って写真を撮影してくれます。さらに、スマホへの自動転送やSNSへの投稿をすることもでき、撮影後は自動で腕に戻ります。使い方はシンプルですが、顔認識、加速度センサーなどさまざまな技術要素の組み合わせで実現しています」



【西田宗千佳氏】
ジャーナリスト。PCから家電までデジタル機器全般について、取材・解説記事を新聞・雑誌・ウェブ媒体などに寄稿

― IoTってそういうことだったのか【1】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中