女性はブサメンを差別するのか? 道案内でガチンコ調査してみた

日常でよく耳にする「あいつはイケメンだから……」「美人だから得だよね」といった、ルックスを基準にした評価。しかし、本当に見た目で損得は発生するのだろうか? 真偽を確かめるべく、徹底調査した

◆「イケメン VS ブサイク VS 白人 VS アジア人」道案内勝負!!

渋谷駅・モヤイ像 親や先生は、「人間は外見よりも中身が大事」と教えるが、世間はそれほど甘くないはず。外見による差を検証すべく、各種の外見スペックを持つ協力者たちを得て街頭調査を行った。

 舞台は渋谷。迷子のふりをしてPARCOまでの道案内を乞うシンプルな作戦である。

 まず一番手は、テレビCMに出演した経験を持つ、若手のイケメン。しかし、モヤイ像前でスマホゲームに興じている女子大生風に声を掛けてみると、笑顔は見せてくれるが、「私、この辺よく知らないんです。ごめんなさい」と教えてくれたのは、おおよその方角のみ。おそらくナンパを警戒しているのだろう。

 続いてセンター街やハチ公前などで、のべ9人に声掛けしたが、いずれの女子も満面の笑みで道を教えてくれた。なかでも、4人目のOL風は、信号機の位置や坂道の名前まで、交番顔負けの道案内! 最終成績は「10人中、全員が笑顔で案内」という結果になった。

 好対照だったのは、やはりブサイクへの反応。某有名ファッションビルに入っただけで、警備員から追い出されそうになった逸話を持つ、汁男優の赤いティッシュ氏が、マンを持して登場である。

 1人目のバス待ち女子大生風は、声を掛けるやいなや逃走! 2人目は、「あっちのほう。近くまで行ったら、そのへんの人に聞いてください」と他人に投げてしまった。

 その後も表情は硬く、決して目を合わせようとしない。7人目は「北に行ってください」と適当すぎる指示。最後の109前に座っていたアラサー女子だけは笑顔で教えてくれたが、「そこの道を真っすぐです」と伸びる指先は、まったく異なる方向を指していた……。

 結局、「10人中、8人が無表情、案内に失敗と逃走者がそれぞれ1人ずつ」と、散々な結果に。

 三番手は、バカンスを満喫している観光客風の白人男性。「Excuse me?」と、まずは英語で尋ね、その後は片言の日本語で会話を進める。

 最初に声を掛けた20代半ばの女性は、苦笑いを浮かべ困った様子だったが、「レフト」「ストレート」といった英単語や、デパートの名前などの固有名詞を駆使して、道順を説明。2~5人目も、露骨に面倒くさそうだが、拒否することはなく、ジェスチャーを交えて必死に伝えてくれた。

 6人目からはハードルを上げるべく、日本語の数を減らし、英語を増やすことに。9人目まではなんとか案内に成功したが、最後の女性は、やはり言葉の壁が高すぎたのか、途中でお手上げな雰囲気に。ところが、お礼を言って離れると、後ろから小走りで近寄ってくるではないか! さらにスマホの地図を見せながら、現在地と目的地を指さし、頑張って説明してくれた! や、優しい!

 結果は「10人中、全員が案内」。笑顔はなかったが、追い掛けてまで道案内してくれたコがいたのは大きいだろう。

 そして、四番手は爆買い客風のアジア人。こちらは北京語で声を掛け、白人と同じく片言の日本語で会話。1人目はアッサリと説明。2人目は途中まで一緒に歩いて案内してくれるなど、ホスピタリティは悪くない。

 しかし、差がついたのは7人目。「PARCOどこデスカ?」を連呼するも、残念なことに「わからない」の一点張り。

 その後、多少のぎこちなさは見られたものの、結果的に「10人中、9人が案内。1人が失敗」でフィニッシュした。

 切実さや表情を加味した総合結果は、イケメンがトップ! ブサイクが他を寄せつけないビリに沈んだ。ああ無情……。

【調査結果】
イケメンには笑顔、ブサイクからは逃走。外国人には概ね親切

― 【ガチンコ調査】人はどこまで[外見で判断]されるのか? ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中