『スター・ウォーズ』最新作の監督もお忍びで買いにきた“日本限定珍品グッズ”とは?

 『スター・ウォーズ』シリーズに出てくるコスチューム造形や剣劇などが「日本文化の影響」によるものであるというのは有名な話だが、近年では日本で『スター・ウォーズ』の「浮世絵」や「日本人形」までが制作&販売されるようになり、“逆輸入”的な広がりをみせている。

 ほかにも、日本独自の進化を遂げた「珍品グッズ」が話題に。ここではその一部を紹介しよう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=996320

明治スター・ウォーズチョコレート

「明治スター・ウォーズチョコレート」

明治スター・ウォーズチョコレートのおまけ

「明治スター・ウォーズチョコレート」のおまけ。11種類のミニモデルが付くシリーズだが、デザインに被りがあり実際には11種類ないのはご愛嬌

ライトセーバーが「ライトサーベル」に

当時のユルさを物語る表記、ライトセーバーが「ライトサーベル」に

C-3POを「シー・スリーピオ」と表記

日本限定のソフビ人形ではC-3POを「シー・スリーピオ」と表記しているが、こちらも誤りかと思いきや実はこれも正式名称。その珍品ぶりがマニア心をくすぐる

 コレクターの間では長らく熱い注目を集めている日本限定珍品グッズ。海外からもファンが買いに訪れるマニアの聖地「STAR CASE」のオーナー、片桐優さんが語る。

「日本における『スター・ウォーズ』のグッズ展開は’78年公開のシリーズ1作目から始まっています。ただ、当時は大人が映画グッズを集めるという文化がなく、お菓子のオマケやオモチャなど、子供向けという扱いが一般的。今ほど版権の管理も厳しくなかったのでこれが公式グッズかと驚くようなグッズがたくさん世に出ました」

世界に数点しか現存していない激レア品

こちらのフラッグは1作目の公開当時にアメリカの映画館で使われていたもの。世界に数点しか現存していない激レア品

 こうした日本限定品はフィギュアの造形がユルいだけでなく、キャラクターやアイテムの名前が間違っているものも少なくない。しかしそれがかえって希少価値となり、「今では『日本にしかないレアなグッズ』として海外のマニアたちから再評価されている」と片桐さん。同店にはそんな“珍品”がところ狭しと並べられ、それが世界中からマニアが訪れる理由のひとつとなっている。新シリーズ監督のJ.J.エイブラムスもお忍びでグッズを買いに来たことがあるというから驚きだ。

「STAR CASE」オーナー片桐優さん

『スター・ウォーズ』グッズコレクター界の重鎮。好き高じて世界中からファンが集まる“聖地”「STAR CASE」を開業。本国アメリカにもない珍しいグッズなども多数

 日本文化の影響を受けた『スター・ウォーズ』とコラボすることで日本でも新しい表現や珍しいグッズが生まれ注目を集める。『スター・ウォーズ』と日本文化は、そんな相乗効果も生んでいるのだ。

 12/1発売の週刊SPA!に掲載されている特集『SW新シリーズ公開直前記念 日本人が愛した『スター・ウォーズ』』では、超大作に秘められた“和”要素を徹底解明。浮世絵や日本人形の制作秘話、ジョージ・ルーカス側の反応なども特集している。また、18日から封切られる待望の新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の敏腕プロデューサーの特別インタビューも掲載。いまだベールに包まれている物語の片鱗に限界まで迫っている。もちろん、新作公開前の総復習として「5分でわかる全エピソードガイド」コーナーも。

 さらに、このSPA!の表紙はなんとC-3POとR2-D2の撮り下ろし。「今週の顔」ページにもアザーカットが掲載されているので、SWファンならずとも必読必買の一冊となっている。

<取材・文/小山田裕哉 撮影/増田岳二>

週刊SPA!12/8号(12/1発売)

表紙の人/ R2-D2&C-3PO

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中