雑学

免許証の住所変更で逮捕!? 警察に脅かされるヤクザたちの日常生活

 暴力団対策法、暴力団排除条例が全国にあまねく敷かれ、ヤクザは減少の一途。しかしその「“法”囲網」は彼らの日常生活にも侵食し、生きる権利を脅かすほど過剰だとも。当事者のヤクザの声に耳を傾けてみた

当局の監視の目に晒され、免許証の住所変更でお縄


●田中清氏(仮名)…50歳、広域暴力団3次団体組長。数十人の組員を束ね、その人望も厚い

当局の監視の目に晒され、免許証の住所変更でお縄「どこで警察が目を光らせているかわからないから、立ち小便すらできない時代。昔は警察が組事務所に来るときは事前に連絡をくれていたのに、今は突然やって来るから日常生活すらもままならない状態だ。趣味や娯楽もしかり。組員など仲間ウチで開いていた賭け麻雀も、いつ警察が来るかわからないから自粛しているよ」

 幹部組員となると、当局との軋轢は末端組員の比ではない。警察は事務所や住居の家宅捜索を目論み、生活全般のあら探しをしてくると広域暴力団3次団体・田中清組長(仮名)はぼやく。

「つい最近の出来事で言えば免許証。住所変更した際、一般の人は免許証の更新時に住所変更の手続きもするでしょう。私も更新時に手続きすればいいと思っていたら、現住所と違うということで『免状不実記載』の罪で逮捕された」

 一般人なら黙認される些細なことでお縄に……。これが警視庁や県警に登録されている「指定暴力団幹部」の現状だ。住居は持ち家のためなんとか保障されているが、末端の組員を抱える“親の身”としては胸が痛いことも多いとか。

「みな貧乏で日々の生活で精いっぱい。大したカネを持っていないから、銀行口座を開けないという心配は無用だけど、とにかく部屋が借りられないから、事務所に住んだり、車中で寝泊まりしているヤツらもいる。ホームレスと変わらないよ。女の家に転がり込めばその女が『ヤクザを匿ったとして』パクられる。女の家に住民票を移してもダメ。もちろん住民票を移さなくても『住所変更を怠った』という免状不実記載でパクられる……」

 まさに八方塞がり。それでもヤクザという看板にしがみつくのには訳があるという。

「ヤクザになるヤツっていうのは結局、世間からのはみ出し者なんだ。若い頃から罪を犯したり、暴走族だったりと、要は不良なの。その延長線上にはヤクザという“履歴書がいらない社会”があった。昔は彼らを受け入れる社会があったけど、これからの不良は大変ですよ。結局、半グレみたいなヤツらがウジャウジャ出てきて、むちゃくちゃやるようになった」

 ヤクザという看板を背負いながら、社会の片隅で生きていくことはもはや不可能なのだろうか。

「飲食店や、土建屋でシノげているのはひと握り。工事現場ですら雇ってもらえない末端の組員は犯罪に走るしかないよね」

― ヤクザの主張「俺たちに人権はないのか」 ―





おすすめ記事