ライフ

ペット用のワイン、おせち、料理教室まで…ペットフードの高級化がとまらない

 今年2月に「実は安倍昭恵首相夫人は、ペット用のサプリを食べていた」という報道がなされ、話題を呼んだ。首相夫人も見誤るほど、昨今のペットフードは高級化・高品質化が進みつつある。
愛犬&愛猫家たちの(爆)マウンティング事情

※写真はイメージです

「ウチの猫はグルメなので、食事はネット限定販売のプレミアムキャットフードのみ。食事代だけで月3万円はかかります」(36歳・女性)  などは、まだまだ序の口。 「お正月には、ウチの犬と一緒に犬用ワインと犬用おせちで乾杯」(37歳・女性) 「犬仲間内で犬の誕生日会がはやってる。ウチの子の誕生会では、松阪牛エキス入りクッキーと犬用ケーキで盛大にお祝い。最近は犬用フードの料理教室に通いだしたので、来年はお手製のフルコースを作る予定です」(46歳・女性)  など、人間並みのグルメっぷりを見せるペットも多数。
愛犬&愛猫家たちの(爆)マウンティング事情

※写真はイメージです

 なかには「ウチの犬は最近ローストビーフしか食べないので、我が家の夕飯はもっぱら犬が食べ残したローストビーフばかり」(43歳・男性)と、人間がペットの食べ残しを食べるという逆転現象が起こる家庭まで出没していた。  飼い主たちが注ぎこむカネと見栄が続く限りは、このマウンティング合戦はまだまだ続きそうだ。 ― 愛犬&愛猫家たちの(爆)マウンティング事情 ―
猫のおきて 手帖

すべての猫好きに捧ぐ、感涙必至の物語

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事