ニュース

ペットブームの裏で…飼い主をカモる“ボッタクリ事件簿”

「1頭200万円」とも言われるペットの生涯飼育費用。「ペットは家族の一員」という考えのもと、その額は増加の一途にあるが、一方でそんな飼い主心理につけ込んだぼったくりも相次いでいる。昨年、愛犬が糖尿病を患い、入院させた斎藤さん(60代・男性)が語る。

「入院5日間で25万だって言うんですよ。さすがに高いと思ったけど、ウチのコが苦しそうにしてるから断れず、泣く泣く払いました」

ペットブームの裏で…飼い主をカモる“ボッタクリ事件簿” はたしてこの金額は妥当なのか。元動物病院勤務の男性に聞いた。

「この程度なら8万~12万円が本来の相場です。ただ、動物病院は基本、自由診療のため、病院側が個別に金額を設定できるんです。ウチの場合、お年寄りの飼い主が来たら、受付に『ワンちゃんとお二人暮らしですか?』と聞かせて、一人暮らしかどうか家族構成をチェックする。趣味にカネを惜しまない独身高齢者であれば、カモになりやすいので本来の治療費に2割上乗せして請求していました」

次のページ 
「移動火葬車」でも詐欺被害多発

1
2
猫のおきて 手帖

すべての猫好きに捧ぐ、感涙必至の物語




おすすめ記事