雑学

外山恒一、物騒な文書を微博でバラまこうとしたら即アカウント削除される

 突如として「中華主義」をブチ上げ、物議をかもしている自称ファシストの外山恒一氏に、先日、改めてその真意を問う1万字以上の超ロング・インタビューを敢行した。よくよく話を聞くうちに、外山氏の掲げる「中華主義」とは実は「中華ほめ殺し主義」なのではないかという疑いが頭をもたげ、それを外山氏にぶつけたりもしてみた(あえて否定もされなかった)。が、その後、さらに新たな驚きの事実が判明。今月初め、外山氏は何と「中国共産党中央政治局」に宛てた公開書簡(http://www.warewaredan.com/wai-shan.html)を自身のサイトで発表していたのである。

――まったく何やってんスか?

外山:国慶節ですよ。10月1日、中国の建国記念日。それに合わせて公開したんです。「おめでとうございまーす!」って媚び……いや心からお祝いを。

――いつからこんな計画を温めてたんですか? 先日のインタビューではそんなこと全然言ってなかったじゃないですか。

外山:一昨年ぐらいからかなあ。本当は昨年の8月15日あたりに公開したかったんですよ。“戦後70年談話”と称して。安倍ちゃんのやつより中国人民に喜んでいただけたでしょう。

――どうして、去年にアップしなかったんですか?

外山:単に中国語への翻訳が間に合わなかったんです。中国語も日本語も完璧にできる人を探すのに時間がかかってしまいました。

――何が書いてあるのか、中国語だしよく分かりません。まあ、おおよそ想像はつきますが。

外山:日本語版も最近公開しました。“日本語版”というか、もちろんこっちが原文ですけどね。コレ(http://www.warewaredan.com/jouhyoubun.html)です(と提示する)。

――ほうほう。えー、「日が昇る方角にあって縁起がいい、ぐらいしか自慢できるところがない東の辺境のしがない国家社会主義政党のお山の大将が、日が沈む方角にあるとかディスられたところで痛くも痒くもない、世界に冠たる大国を統べる社会主義政党の偉大な指導者たちにお手紙します。つつがなきや……」って完全に聖徳太子のパロディじゃないですか。

外山:古式ゆかしいでしょ。もちろん「国家社会主義」の“国家”のところは目立たないように小さい字で書いてあります。

――小さくたって、書いちゃったら一緒でしょ。

外山:いやいや、そこはやっぱり気を遣わないと。外交ですから。

――肩書きは最初のインタビューでもお話ししていたとおり、“漢の倭の奴の国家社会主義者”になってますね。

外山:私は実際、“奴国”があったとされる福岡を拠点に活動してますし、そこらへんの辻褄合わせにぬかりはありません。

――しかし、またかなりの長文ですね。

外山:なんたって私、ファシストでしょ。そう公言もしている以上、一般にはファシズムは共産主義と相容れない真逆の立場とされていますし、どうしても説明的な部分を省けないんですよ。

次のページ 
かいつまんで内容を説明すると…

1
2
3




おすすめ記事