ライフ

“疲れ知らずのカラダ”を手に入れた男は、どのような日常生活を送っているのか?

 さらに、旧石器時代の人はよく「動いて」いたが、鈴木氏の場合は? 驚きの手法を披露した。 「朝7時に起きたら、2時間、トレッドミルで歩きながら仕事します。睡眠の質を高めるには最低30分のウォーキングが必須です。座りっぱなしも防げるし、仕事もはかどるので一石二鳥です。難しいならば、まずは一日8000歩を目指しましょう」
パレオ

トレッドミル上での仕事。特注でつくったそうだ。時には座って休憩も必要だ

 電車に乗る場合も常に立ったり、駅では階段を使用。聞いただけで疲れそう……。 「最初はきつかったですが、2週間で慣れました。おかげで睡眠の質も格段に上がっています。0時には眠りたいので、22時以降はパソコン作業やスマホをやめてブルーライトを排除、部屋の照明も弱めにするなど、睡眠の妨げになるものは徹底的にカットしています」  野性的な一日を送るためにはここまで徹底することが重要。やや高度だがマネする価値はある。
鈴木祐氏

ダイエットアドバイザー鈴木祐氏

<鈴木さんの一日> 7:00 起床 ~歩きながら仕事~ 9:00 外出(歩く) 10:00 外で仕事 12:00 帰宅 ~自宅で作業(ゆで卵を食べる)~ 18:00 夕食(自炊) ~歩きながら仕事~ 22:00 寝る準備を整える 24:00 就寝 【鈴木 祐氏】 「パレオな男」管理人。ライター・編集者。ブログをまとめた『一生リバウンドしない パレオダイエットの教科書』(扶桑社刊)が発売中 ― 疲労を超回復させる秘術 ―
1
2
一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

「食う・寝る・動く」だけで痩せていく。野生の体力を取り戻すパレオ(狩猟民族)ダイエット

テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白