雑学

車移動ばかりだと思考も“運動不足”になる【鴻上尚史】

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

歩く 年末に携帯を替えました。『Pokémon GO』をやるためですが、これを言うと「今頃?」「流行りモノが好きな鴻上さんが何でまた?」と突っ込まれるのですが、仕事が忙しく、携帯を替えるチャンスがなかなかなかったのです。

 だって、携帯を替えるのは、時間も手間もたっぷりかかるでしょう。

 やっと遅れて『Pokémon GO』を始めてみれば、世間はすっかり冷静になっていました。

 あちこちのジムにいるポケモンは出遅れた分、物凄く強すぎるし、なんだかなあと思いながら、それでも、毎日、ちょびちょびと遊んでいます。

 で、替えた携帯に、毎日の歩数が表示されるアプリが入っていました。

 携帯を持って歩くと、ちゃんとカウントしてくれるのね。

 あたしゃ、平均して毎日8000歩ほど歩いていました。

 基本的に僕は電車を使います。十年以上前、免許を取って、車に乗り始め、東宝の撮影所から自宅に帰る途中、いつもの道が工事中で狭い迂回路をトロトロと走り、後ろから来たタクシーに煽られ、民家の塀にぶつけて一発で廃車にして以来、運転はしていません。

 気を遣う性分なので、後ろから車が来て、クラクションをちょっとでも鳴らされたら、それだけでもう「すみません。運転してすみません。こんな速度ですみません。下手ですみません。こうなった以上、曲がれるはずのない速度で突っ込みます。ああ、ぶつけました。すみません」なんてことになるのです。

 廃車にしてからは「もう、運転するのはやめよう。免許はゴールドになるにまかせよう」と決めました。

 で、電車とタクシーの併用になりました。昔はタクシーの使用度が多かったのですが、だんだんと、「やっぱ、健康を考えたら歩こうかなあ」と思うようになりました。

次のページ 
一日平均歩数8000歩の理由

1
2
※「ドン・キホーテのピアス」は週刊SPA!にて好評連載中

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録





おすすめ記事