ニュース

隠れJKビジネス「コンカフェ」に潜入。会計が30万円になる店も…

 摘発で消えたJKビジネスが姿形を変え、水面下で復活しているという。東京と大阪で増えているという、最新のJKビジネスの様子をリポート! 隠れJKビジネス

条例や労働基準法に適合した営業手法

 少女売春の温床と言われ、SPA!でもたびたびその実態を報じてきた「JKビジネス」。しかし’17年に東京都が「特定異性接客営業等の規制に関する条例」を施行すると、他の自治体も同様の条例を施行。全国的にその数が激減した。 「JKビジネスは根絶させなければなりませんが、一方で高校生がファミレスなど普通に飲食店でアルバイトする選択肢は残しておかなければなりません。  条例では18歳未満の女性が店員として働く店では『JK』『学園』『少女』など約80の単語を用いることを禁止しています。当然、18歳未満の女性はリフレや撮影会といったお店では働けなくなりました」  こう話すのは、元埼玉県警刑事で少年少女の非行防止や防犯活動に力を注ぐ佐々木成三氏だ。だが今、こうした条例の趣旨を逆手にとった新しい“JKビジネス”が生まれつつあるのだ。
隠れJKビジネス

秋葉原のJKビジネス店に入る捜査員。摘発は続く(’18年4月)

「JKビジネスの中心地だった東京・秋葉原ではリフレなどの摘発が相次いだ’13年以降、業者は18歳以上の女性が働くリフレ店にするか、未成年も働けるカフェ業態にするかという2つの選択を迫られました。  もっとも法を無視して裏オプ(性行為)ありきの『コミュ』(個室での会話を提供)や、摘発されにくい『お散歩』(店外で声掛け、デート)をやる業者も現れましたが……」  こう話すのは『女子高生ビジネスの内幕』などの著書があるジャーナリストの井川楊枝氏だ。しかし法整備も進んだ今、裏オプの温床となったお散歩店やコミュ店も淘汰されていったという。  その後、秋葉原で勢いを増したのが「コンセプトカフェ」と称する店舗、略してコンカフェだ。猫カフェやメイドカフェ、執事カフェなど特定のコンセプトを掲げたカフェのことをいう。かつて、都内を中心にJKリフレ店など数店舗を展開していた飲食店オーナーのT氏は次のように語る。 「従来のメイドカフェと違い、新しく台頭してきたコンカフェは客が2~3人しか入れない小箱に手作り感のある内装で、学園祭のノリを醸出しているのが特徴。アイドルやレイヤーを名乗る女のコたちが働いていますが、なかには15歳、16歳のコもいます。普通のカフェなので合法なんです」  労働基準法第61条では、18歳未満の深夜労働(22時~翌5時)を禁じている。つまり、22時前であれば「飲食店」として高校生も働けるというロジックなのだ。そして、前述のようにNG単語を使わなければ条例違反にもならない。そのため、午後~夕方の一部はカフェ、夜はバーとして営業するカフェ&バーという形態のコンカフェが続々と現れているという。 「今、これがブームで新宿・歌舞伎町のバー物件は空きがない状態。前代未聞の状況です」(T氏)
次のページ 
学校以外の居場所を求めて入店したJK
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事