エンタメ

F1に一番近い日本人ドライバーは誰なのか?

米家:ホンダ側の問題は、パワー不足。今年のパワーユニットは過去2年間のコンセプトを捨て新設計したもの。燃焼系に新技術も導入したんですが、開発期間が10か月しかなかったので開発途上で実戦投入せざるをえなかった。ただ逆にいえば、シーズン後半に向けては伸びしろは期待できます。 担当A:マクラーレンの車体にも問題あるんですよね。車体のトラブルも続発しているようですし。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1313108
マクラーレン・ホンダ

マクラーレン・ホンダ

米家:相変わらずアンダーステアでグリップがないと言っています。毎年のことですけどね(苦笑)。ただ開幕戦を終えてようやく車体側も毎戦アップデートしなきゃねと言わざるをえない状況にはなってきました。それにメルボルンでもいろんなトラブルが起きていて、そのほとんどが車体側。日本のF1ファンは、マクラーレンといえば名門で一流チームというイメージでしょうけど、実際はメカニックの作業の質とかは3流なんですよ(苦笑)。 担当A:マクラーレンの首脳陣は自分のところのことは棚に上げて、情報操作をしてホンダバッシングを焚きつけてるんですよね。 米家:彼らは雇われの身ですから、不振の責任を問われないよう、保身に走ってるんですよ。
長谷川祐介

ホンダF1総責任者長谷川祐介

担当A:なんとか見返してやりたいですね。 米家:来年、ザウバー・ホンダで松下なり牧野なりがアロンソのマクラーレン・メルセデス(?)をぶち抜くんですよ。そうなったら最高じゃないですか。そのとき僕は拍手しますよ(笑)。 <2017年F1カレンダー> 01 オーストラリアGP メルボルン 3/24-26 02 中国 上海GP 4/7-9 03 バーレーンGP サヒール 4/14-16 04 ロシアGP ソチ 4/28-30 05 スペインGP バルセロナ 5/12-14 06 モナコGP モンテカルロ 5/25-28 07 カナダGP モントリオール 6/9-11 08 アゼルバイジャンGP バグ― 6/23-25 09 オーストリアGP シュビールベルク 7/7-9 10 イギリスGP シルバーストン 7/14-16 11 ハンガリーGP ブタペスト 7/28-30 12 ベルギーGP スパ・フランコルシャン 8/25-27 13 イタリアGP モンツァ 9/1-3 14 シンガポールGP シンガポール 9/15-17 15 マレーシアGP クアラルンプール 9/29-10/1 16 日本GP 鈴鹿 10/6-8 17 アメリカGP オースティン 10/20-22 18 メキシコGP メキシコシティ 10/27-29 19 ブラジルGP サンパウロ 11/10-12 20 アブダビGP ヤス・マリーナ 11/24-26 写真/Sauber Honda McLaren
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事