エンタメ

20年前の自分に教えたい“平成のエンタメ大事件” ――3位 清原逮捕、2位 安室奈美恵の引退、1位は…



3位 清原和博が覚せい剤所持で捕まっている(2016年)32%


平成のエンタメ大事件 1986年、PL学園高校からドラフト1位で西武ライオンズに入団後ゴールデングラブ賞を5回、オールスターゲームMVPを7回獲得するなど、球界のスーパースターとして活躍した清原選手。番長のあだ名で親しまれていたか彼だが、引退後は離婚や裏社会の交際が囁かれるなど順風満帆ではなかった。

 そんな中2016年、2月3日東麻布の自宅マンションで覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。捜査員が部屋に入った際、注射器とストローを手に持っていたところを発見され、覚せい剤は自分のものだと容疑を認める。その後起訴されて有罪判決が下された。輝かしい功績をあげてきたプロ野球選手としては異例の出来事だろう。

 現在の清原氏の生活ははっきりとはわからないが、薬物治療の病院に通い薬物依存と闘っているという。

2位 安室奈美恵が歌手引退している(2018年)34%


 今年の9月をもって芸能界を引退することを既に発表している安室奈美恵。アーティストとして1992年から活動を開始し、デビューから26年目を迎えた。現在40歳とは思えないの美貌とキレのあるダンスはファンをずっと魅了してきた。

安室奈美恵

公式HPより

 なかでも1996年 から1997年にかけては彼女のファッションスタイルや髪型、メイクなどに憧れる若い女性達が“アムラー”と呼ばれ、一大ムーブメントになった。

 そんな彼女が今年のツアーを最後に芸能界を去ることに。年齢を考えるとこれまでパフォーマンスを落とさず続けてこれたこと自体が素晴らしいことだ。

 昨年末に放送された紅白歌合戦では、特別出演歌手として14年ぶりに出演して番組の最高瞬間視聴率48.4%を記録。大きな反響を呼んだ。

 そして、ランキングの1位になったのは……

1位 SMAPが解散している(2016年)52%



 2016年8月14日、芸能界に衝撃が走った。所属事務所からメディア各社へSMAP解散を知らせるFAXが届いた。1988年より28年間にわたって芸能界の各方面で活躍を続けていたSMAPのこの発表は多くの人がショックを受けたはずだ。

 歌手としての活動はもとよりバラエティ番組でコントをするなど、今までのアイドルらしからぬことも積極的に行ない、常にアイドルとしての常識を打ち破ってきた。

 2003年に発売された自身最大のヒットソング「世界に一つだけの花」はダブルミリオンを達成。学校の教科書にも使用され社会的にも影響を与えた。この曲は解散発表後にメンバーへの感謝の気持ちを届けたいという思いでファンによる購買運動が発生した。その結果、2016年だけで40万枚以上売り上げ300万枚超えを記録。

 とくに解散ライブなどは行わずに解散したことは悔やまれるが、解散後も各々で芸能活動は継続している。木村、中居は所属事務所に残り、今まで通りドラマやバラエティで活躍中だ。一方、草彅、香取、稲垣は今までお世話になっていたSMAPの元チーフマネージャーが新しく設立した事務所に移籍。TV出演は少なくなり、YouTubeやAbemaTV、インスタグラムといったネットでの活動を積極的に行っている。

 アンケートの結果、半数以上の方がSMAP解散を選んだのは納得のいく結果だろう。国民的アイドルというイメージが強く、誰しもが解散すると思ってなかったということだ。また、上位には覚せい剤使用の事件が入っていて、華やかな芸能の世界だからこそ犯罪を犯したときのインパクトは強いのではないか。<文/日刊SPA!取材班>

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(20代~60代男女)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。調査期間:2018年1月30日 有効回答者数:30代から60代 男女100名

1
2
3




おすすめ記事