雑学

マクドナルドの無料カスタムでバーガーを2倍美味しくする。ベストな“増量・抜き”術

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私は人生で1ミリの無駄もしたくないと考えているため、モノを買うときは「いくらで売れるのか」を考えて「買った額-売れた額=本当の消費額」と考えています。その思考でモノを買うと、高嶺の花だと思っていたような超高級品を買う事が可能です。

斉藤由貴生氏

 しかし、それはあくまでモノに摘要できる話。日々生きていくうえで必要となる「食」という消費財は残念ながら売ることができません。ですから、食に対して無駄をしない方法といえば、誰かにおごってもらうか、安いモノで我慢するしかないでしょう。

 とはいえ、毎回誰かにおごってもらうというのは港区女子でもない限り困難ですし、安いモノで我慢するというのは食に対する楽しみを捨てることになりかねません。せっかく食べるのだから、誰しも美味しいモノを食べたいと思う気持ちはあるでしょうし、それは重要なことだと思います。

 では、どのようにして安く楽しめば良いのかというと、それは、身近なところに存在する面白さを見つけることだと思います。多くの人はイメージで動いているため、「ファーストフード=マズい、ネットで評価が高いお店=美味しい」と思いがちですが、それは勘違いかもしれません。重要なのは自分のモノサシを持つことだと思います。

 私は幼少期の頃からさまざまな高級店で食事をし、味がわかってしまうことからお店の人にも「将来、このコはどうするのだ?」といわれる始末。小学校のときに、祖母とたまたま入った(予約なしで)四谷すし匠の美味しさを見抜き、何度も通った結果、大将もガキの私の顔を覚えていたほどです。当然、当時は食べログのようなモノもありません。私はそのときすでに自分のモノサシで判断していたことになります。

 小学生の頃からそんな生活をしていた私ですが、現在どのようなお店で食事をしているかというと高級店ではありません。パテックフィリップの腕時計を身に着け、エルメスのブリーフケースを持ち、高級車セルシオで私が向かう先、それはマクドナルドです。

愛車のセルシオでマクドナルドへ

 このマクドナルドのメニューを無料でカスタマイズできるということは一部の人には有名ですが、私はそのカスタムを幾度も試し、自分のお気に入りを見つけています。そこで今回は、マクドナルドのカスタマイズ方法を知らない方のために、カスタム例をご説明いたします。

マックカスタムの基本は「多め」「抜き」「揚げたて」


 マクドナルドには大きく3つのカスタム方法が存在しますが、それらは「多め」「抜き」「揚げたて」に分類できます。まずはこの基本をマスターしましょう。

マクドナルドの基本その1「多め」


●サンドウィッチ編
 ハンバーガーを頼む際に「ソース」「オニオン」「ピクルス」が無料で増量可能。例えば、標準でピクルス2枚のビッグマックなら「ピクルス多め」注文で4枚になります。ハンバーガーによって「多め」にできるモノは異なるため、店員さんに何が「多め」にできるのか聞けば教えてもらえます。面倒な場合は「全部多めで」という注文方法が便利です。

●付属のソース編
 チキンナゲットのソースは、ナゲットの注文1つに対して2つまでもらうことが可能。ですから「どちらになさいますか?」に対して「両方ください」が通じます。また、ポテトやバーガー類などを頼んだ際、ケチャップをお願いするとナゲットソースのような入れ物に入ったケチャップをもらえます。

「多め」でも見た目は普通のチーズバーガーと変わらないが

「多め」で頼むと通常は1枚のピクルスが2枚になる

次のページ 
「抜き」「揚げたて」のカスタム法

1
2
3
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事