ライフ

マクドナルドの無料カスタムでバーガーを2倍美味しくする。ベストな“増量・抜き”術

マクドナルドの基本その2「抜き」

●サンドウィッチ編 「抜きで」というと基本なんでも抜いてくれます。また、抜きメニューには名称があるモノも。有名なのはハンバーガーの「プレーン」ですが、そのように注文すると肉とパンだけのバーガーが出てきます。 ●ドリンク編 アイスのドリンクは「氷抜き」が可能。マクドナルドの場合、氷抜きにすると氷分を増量してくれることが多いため、実は「氷抜き」のほうが多く飲める可能性があります。 ●ポテト編 塩抜きポテトが注文可能です。

マクドナルドの基本その3「揚げたて」

 ポテト、ナゲットなどは「揚げたて」というと、そのように対応してくれます。ただしこれは、昼の混んでいる時間には避けたほうが無難。現場が混乱する可能性があります。また、ポテトを「塩抜き」で頼んだ場合も基本的に揚げたてとなります。  ここまで、マクドナルドのカスタマイズ方法の基本を説明しましたが、カスタマイズを含めたメニューの中で、私が自然と頼むようになったメニューをご紹介したいと思います。

多めに頼むと「青」のシールが貼られる。抜きの場合は「白」のステッカーとなる

斉藤オススメその1 チーズバーガー“ケチャップ以外全部多め”

 チーズバーガーはケチャップ、マスタード、オニオン、ピクルスを多めにできるのですが、「ケチャップ以外全部多め」にすると、チーズバーガーの濃厚な味がより深まり美味しさが増します。ケチャップまで増量してしまうとケチャップが強すぎるため、「ケチャップ以外」がミソです。ちなみに、ダブルチーズバーガーの場合はケチャップも多めにするのがオススメです。

斉藤オススメその2 ベーコンレタスバーガー“ソース抜き、それ以外全部多め。あとケチャップください

 ベーコンレタスバーガーのソースを抜いてケチャップをかけると、アメリカの伝統的なハンバーガーの味に近くなります。本当はマスタードもあったほうが良いのですが、なくてもそこまで気になりません。ちなみに、チキンクリスプはベーコンレタスと同じソースなのですが、チキンクリスプの場合は標準ソースがオススメです。  私は基本的にチーズバーガー“ケチャップ以外全部多め”を注文することが多く、ハンバーガーの「プレーン」と併せて食べています。ちなみに、クーポンでポテトが安い際はポテトとチーズバーガーを両方買っても280円で収まります。また、ベーコンレタスバーガーはクーポンのセットだと550円の場合が多いため、お得だと感じます。

クーポンで100円だったMドリンクと、130円の具材多めチーズバーガー。後ろはエルメスの鞄

次のページ 
クォーターパウンダーに近い味を復活させる裏ワザ
1
2
3
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事