恋愛・結婚

結婚後、大学時代の元カノと不倫…妻との壮絶バトルにすべてが嫌になった小学校教師

 既婚女性が語る「夫や自分の不倫体験」は、女性向けメディアにあふれている。その割に、男が自分の不倫を語ることは多くない。不倫に走る男の胸中、そして顛末を当人に語ってもらった。その最悪の結末とは……!?

浮気

結婚後、大学時代の元カノと再会


「4年前に、元カノから突然の連絡がありました。びっくりしました。同時に、これはヨリが戻るなって予感がしたんです」

 小学校教師の国松高志さん(39歳・仮名)が、不倫のきっかけを振り返る。その相手は、大学時代のゼミの後輩・ハルカ(仮名)。ハルカさんにとって国松さんは、“初めて”の男だったそうだ。再会した居酒屋で、彼女は国松さんを一目見るなり泣きそうになったという。
 
「ハルカは大手PR会社に勤務して、ビックプロジェクトのメンバーに抜擢されたんですが、クライアントの担当男性を好きになり、挙句に捨てられてしまったんです。必死の思いで出社しているけど、内面はボロボロだ、と。野心家の反面、傷つきやすいハルカは、初めての男であるボクに慰めてもらいたかったんでしょう」

 だが、国松さんはすでに既婚者になっていた。結婚5年目の妻がいる。子どもはいないが、老いた両親と同居してくれていることに感謝している。ハルカさんとの恋が終わったからこそ、恋愛に未練がなくなり、30歳で見合い結婚できたという。

「ハルカとの結婚を考えたこともありました。でも彼女の浮気が原因で別れたんです。『ごめんなさい』と泣きじゃくるのが可愛くて、そのときは許したんですけど、ハルカがまた同じ男と浮気してしまって……」

 結局、その浮気相手の男性が海外に移住したことで関係にピリオドが打たれたようだが、その後どういうわけかハルカさんからの連絡が途絶えた。メールをしても電話をしても返事がない。見合いをすすめられると「もうハルカとは終わったんだ」と未練を断ち切ったという。

 ところが、居酒屋に呼び出されて再会したあと、国松さんとハルカさんはあろうことかヨリを戻してしまったのだ。

「ヨリが戻ると、僕の方がハルカにのめりこんでしまったんです。カラダの相性が妻よりも良くて。比較すると妻に申し訳ないと思いながら、ハルカの体に夢中になってしまったんですよ」

 別れている間に、彼女は妙に色っぽくなっていたという。当然だ、“初めて”だったあのときから何年も経っているのだから。

「自宅にいると、ハルカは今頃どうしているんだろうと気になって。ぼおっとしていると、妻に気づかれそうになるので、明日の授業の予習をするなど妻の前で演技をしていました。次第に妻と一緒の時間もなくなり、夜の生活も妻から求められるまでしないようになってしまいました」

次のページ 
ハルカさんの浮気性は変わっていなかった

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事