雑学

自転車“カナブンおばさん”の恐怖。サンバイザーを付けママチャリで暴走…

 「自転車の安全・安心利用に関する意識調査」(KDDI発表)よれば、電動アシスト付き自転車の販売台数は前年比11%増。買い物、子供の習い事の送り迎えまで、主婦にとっては欠かせない“足”になっている。

 しかし、毎年夏になると、そんな自転車主婦たちの“暴走”がSNSで問題提起されている。

「サンバイザーおばさん、自転車で突っ込んでくるから怖い」

「ブツかってきて、『危ないわね!』と逆ギレしてくるサンバイザーおばさん、なんなの……」

「あっちの視線がみえないから、こっちも避けづらい」

首元がお留守だが、「日焼け用のストールは洗濯中なんです」とのこと

 そう、サンバイザーおばさんだ!! 紫外線から肌を守るために、大型のサンバイザーで顔全体を覆い、そして手首まで黒いロングタイプの手袋をつけて街を疾走する。電動アシストの力で急発進、急右左折、急Uターン。この予想を越える無軌道な動き、どこかで見たことがある……。

 UV加工のサンバイザーに反射して虹色に照り輝き……、無軌道に動くその姿……。そう、カナブンだ! 夏場、なぜか人に向かって飛び込んでくる虫、カナブンに似ているのだ!

自転車カナブンおばさんは、果たして見えているのか!?


前田さんの要望で少しモザイクはかけているが、元からほとんど表情は読み取れない

 前田純子さん(仮名・40歳)は、今年の酷暑により、先月からカナブンデビューした一人だ。

「サンバイザーはママ友さんたちも使いはじめて、いいな、って思い真似しました。日焼け止めの節約になるし、オマケに“すっぴん”も隠せてサイコーでーす!(笑)」

 と前田さんは微笑んだが、サンバイザー装着後に危険な目は?と訊ねれば、顔色が変わった。

「そう言われると……、確かに1度や2度、街でブツかりそうになったことはあります。でも、相手が真横から突然飛び出してくるんですよ。何度も『危ないわよ!』と声を荒げちゃいました」

 おばさんは、自分から飛び込んでくるのに、なぜ『危ない!』と怒るのか。その真相は、サンバイザーにあるのではなかろうか。記者が試しに装着した。

次のページ 
装着時の視界は…

1
2





おすすめ記事