ニュース

「野生のラッコに会いたい」北海道に殺到する迷惑観光客…“常識外れの行動”が問題に

 いつでも会えると思っていた。でも気づけばラッコを愛でられる水族館は日本に2館しかない。なぜそうなったのか、これからどうなるのか、最前線をリポートする。

野生ラッコが定着しているという、「霧多布岬」へ行ってきた

 北海道は釧路駅から花咲線の電車に乗り込み、窓の向こうに広がる湿原を眺めながら1時間強揺られると、モンキー・パンチの故郷として知られる浜中町に辿り着く。  茶内駅もしくは浜中駅で下車し、車で20分ほどのところに霧多布岬はある。太平洋の荒波に突き出した、標高40~50mの海蝕崖のその下に今、野生のラッコが定住しているのだ。
[日本からラッコ絶滅]の危機を救え!

北海道・霧多布岬

 快晴に恵まれた取材当日は午前10時の時点で多くの観光客で賑わっていた。駐車場から岬の突端を目指して歩いていく。  すれ違った人が「アザラシしかいない」と独りごちて不安が募る。いくら海面に目を凝らしてもラッコはおらず、泣く泣く引き返すと、もといた駐車場近くの遊歩道に人だかりができていた。

「かわいい!」ラッコの親子に沸く人々

[日本からラッコ絶滅]の危機を救え!

霧多布岬では崖の上の遊歩道からラッコを見下ろすことができる。標高40~50mなのでラッコは遠く、スマホのカメラで撮ると豆粒大になる

「いる、あの崖の下!」 「本当だ、ラッコの親子だ!」  ラッコに沸く人たちの視線に合わせて双眼鏡をのぞくと、子を腹に載せて浮かぶ母ラッコが見えた。波に身を委ねて揺れる姿に多くの人が「かわいい!」と歓喜の声を上げた。
[日本からラッコ絶滅]の危機を救え!

一応、ラッコです

次のページ
ラッコ目当ての「迷惑観光客」。○○に驚いたラッコたちが逃げてしまって…
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート