デジタル

知らないと恥ずかしい「ビジネス横文字」16選 コンセンサス、フィジビリ、KPI…

~柳谷智宣の「デジタル四方山話」第15回~


「今日のアジェンダにコミット(メント)するのはいいんだけど、コンセンサス取れてるの? コンプラ(イアンス)大丈夫? エビデンスあればいいけどね」なんて感じで、ビジネスシーンでカタカナを連発するのは、意識が高すぎてちょっと恥ずかしいと思う人もいるだろう。

 しかし、こういったものは業界や企業ごとに常識というか基準が異なるもの。異業種の人と話しているときに、言葉の意味がわからず「コンプラってなんですか?」などと聞くわけにもいかないだろう。そこで今回は、自分で進んで使う必要はまったくないが、意味は理解しておきたいビジネスで頻出する単語、いわゆるビジネス横文字をおさらいしておこう。すべて、実際に筆者がビジネスの現場で耳にした単語だ。

えっ? そんなことも知らないの?

コミット、エビデンス、スケール…カタカナ7選


 まず冒頭に出てきたカタカナの意味は下記になる。

コミット(メント)
約束という意味で、「結果にコミットする」で必ず達成するという意味で使われる。

コンセンサス
同意、合意という意味で、「コンセンサスを得ておく」は日本風言い回しでは「根回し済み」となる。

コンプラ(イアンス)
遵守するという意味。企業コンプライアンスという切り口で、法令遵守や企業倫理として使われる。

エビデンス
証拠という意味。「その説明エビデンスあるの?」とかはちょっと恥ずかしい。また、「その依頼受けるならエビデンス残しておけよ」という場合は、記録とか証言といった意味合いになる。

 要するに、「今日の議題をクリアすることはできるけど、根回しは済んでるの? もちろん合法だよね? その裏付け資料用意しておいたほうがいいよ」という意味となる。

 このほかにも、本来の用途ではなかったり、複数の意味があって、勘違いしかねない単語をチェックしておきたい。

インバウンド
外から中に入るという意味で、観光業界では外国人観光客という意味になるが、ビジネスでは電話を受けたり、SNSなどで情報を発信して消費者の興味を集めることという意味もある。

スケール
メモリ、規模、縮尺という意味。本来は大きくするという意味というわけではないのだが、ビジネス現場ではベンチャー企業の規模が大きくなることを「スケールする」と言う。

デフォルト
何もしないという意味から、金融業界では債務不履行という意味、スポーツでは権利を放棄(リタイア)する意味、コンピュータ業界では初期設定という意味になる。

 これらの使い方としては、「弊社は顧客にアプローチしてもらう販売戦略が基本で、規模を拡大してきました」は、「弊社はインバウンドマーケティングがデフォ(ルト)で、スケールしてきました」となる。

知らないわけないですよね?

次のページ 
頭文字を取った略語

1
2





おすすめ記事