ニュース

山本太郎「消費税は5%に減税へ。最終的には0%を目指したい」

「消費税は5%に減税を!」  2月1日の参議院本会議でそう提言し、「消費税増税はもってのほか」と安倍首相に突きつけた参議院議員の山本太郎氏を直撃した。
山本太郎

山本太郎氏

「『戦後最長の景気拡大』と言われますが、庶民は決して好景気を実感していません。’16年の厚労省の調査では、『生活が苦しい』『やや苦しい』と答えた人は、全世帯で56.5%。悲惨です。政府がすべきことは減税や給付の下支えであって、消費を冷え込ませる増税じゃない。こんなことは、山本太郎でもわかる話です」  消費税増税は景気に悪影響しかない。’14年に消費税率を8%に引き上げたとき、実質個人消費は8兆円も下落し、貯蓄ゼロ世帯が急増したのだ。 ================= 貯蓄ゼロ世帯の割合 20代 61.0% 30代 40.4% 40代 45.9% 50代 43.0% 60代 37.3% 「家計の金融行動に関する世論調査」(単身世帯)によると、どの世代も3~4割が、20代では6割以上が貯蓄ゼロだという ================= 「リーマンショックのときですら、実質個人消費の下落は6.3兆円でした。消費税は、生きているだけで払わされる“罰金”です。消費税増税は日本経済全体を冷え込ませることになります」
次のページ 
日本は世界で一番人々に投資しないドケチ国家
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事