ニュース

野放し状態のパチンコ・ユーチューバーと広告規制問題

──関心ゼロなんですか。

左・木曽崇氏、右・POKKA吉田氏

POKKA吉田:俺に関係ないし、パチンコ業界にも関係ないやんそんなん。広告代理店とか、それの収益でメシ食ってるやつらにとっては関係あるかしらんけど、俺は広告代理店とかそれの収益でメシ食ってる人間じゃないんで関係ないって思うのよね。

──広告宣伝規制のほかに、勝手に台の動画を撮ってユーチューブにあげるのは著作権的に問題があるんじゃないか? という声も聞こえてきますが。

木曽崇:その点については問題ありますね。

POKKA吉田:たまにパチンコ番組でも、「著作権の問題上、この台は映せません」とか言って大当たり中にできるだけ大声でしゃべってかぶせて……ってやってるのを見るけど、それってそのメディアがJASRACに包括の使用料を払ってない可能性あるからな(笑)。パチンコ機で使っている音楽の著作権管理はほぼJASRACが握っているから、ユーチューバーがJASRACに「権利の侵害だ」って言われたら、それはその通りになるんじゃないの?

カメラ貸し出しはパチンコホール苦肉の策か


──今後も動画配信の問題はたくさん出てきそうですね。

POKKA吉田:まぁ、良くも悪くもいろんな地域で動画配信というものが注目されているのは間違いないよね。「ユーチューバー歓迎」とか言ってカメラ機材を無料で貸し出してるホールもあるくらい。代理店を介してお店の意向を汲んで発信されるコンテンツと違って、そういうのを利用する飛び込みの動画配信者ってガチで勝手にやってるから、何を言うかわからないよね。

木曽崇:勝手にやってるからこそ、「風営法の規制の外だよ」っていう逃げ方もできるよね。パチンコホール側からすると、広告規制が厳しくなってメール配信やLINEですらコントロールされてる状況だから。宣伝の手足が封じられているなかで、唯一ああいうものを使える素材として見てるんだろうね。でも、カメラ機材を貸すとかまでなってくると、お店側の関与があからさまに見えてきて、風営法に引っかかってしまう可能性がある。

POKKA吉田:「ユーチューバーに文句言いません」ぐらいやったらどうなんやろ。カメラの三脚とかで通路を塞いだら迷惑だから「ルールを守ってくださるかたには機材をお貸ししますよ」みたいな消極的な言い方やったらぎりぎりセーフかもしれないね。ただ、ユーチューバーってチャンネル登録すりゃ誰でもなれて、人気もピンキリですやん。広告効果があるのか、正直わかれへん。あるいは、野良の動画配信者に広告効果を期待するというより、来場イベントで高額のお金を取るユーチューバーに対する「ウチの店はお前らに1円も払いません」宣言なのかもしれない。

木曽崇:なるほど。「俺が出演するときは玉出せ」って言ってる有名ユーチューバーたちにかけるコストを考えると、わからんでもないな。

次のページ 
すっかり様変わりした来場イベント

1
2
3
勝SPA!





おすすめ記事