マネー

歌舞伎町の女社長が実践するマネー術「スキャンダル大企業の株で稼ぐ」方法

 こんにちは、内野彩華(うちのあやか)です。

 新宿・歌舞伎町にキャバクラを4店舗経営する歌舞伎町の女社長。そんなわたしが野心の大切さを説くこの連載。第42回は「お金に働いてもらう」がテーマです。

お金

※画像はイメージです

お金の稼ぎ方には3つの方法がある


 お金の稼ぎ方には3つあります。

 1)労働して時間で稼ぐ「時給」という名のお金
 2)稼ぐ仕組みを作って、売上から人件費と経費を引いた差額
 3)お金を働かせて稼ぐ、不動産、株価、仮想通貨などの投資

 わたしの場合、1つ目が講演やテレビ出演、2つ目がキャバクラ経営、3つ目が株の投資となります。

 今回は、3つ目の「お金を働かせて稼ぐ」に焦点をあてて、特にわたしの好きな株のお話をしたいと思います。わたしがはじめて株をはじめたのは、今から約20年前のキャバクラでやたらIT社長が多かったITバブルの時代でした。

 そのときはよくわからなかったので、大和証券に口座を作り、営業の人に「この株を買いたいです」と言って、後日、お金を入れるというやり方をしていました。

日本オラクルで目撃した「株長者」


 その後、日本オラクルという会社に入りました。当時のオラクルは上場したばかりだったので、上場前は1000円だった株が、たちまち1万円になり、その後、9万円まで急騰。100万円の株を持っていた人は9000万円に、1000万円の株を持っていた人は9億円の儲けを手に入れていました。

 そういうわけで、社内には「株長者」であふれていましたが、わたしはその恩恵には浴することなく、入社したのは株価が2万円になったとき、会社を辞めるときには、1万4000円程度にまで下がっていました。

 わたしは毎月、給料の3分の1程度で自社株を買っていたのですが、株価はどんどん下がり続け、今、この記事を書いている時点で8000~9000円の間をうろちょろしています。まったく日の目を見ないまま、半分以下に下がってしまいました。

 これから就職する方は、大手企業ではなく、あえてベンチャー企業を選び、自社株を買って上場益を狙うのもいいと思います。

次のページ 
情報交換してわかった株のシンプルな仕組み

1
2
3





おすすめ記事