お金

絶対王者オジュウチョウサンをおびやかすのは先行馬!? 中山グランドジャンプ予想

大障害コースといえば大竹柵・大生垣に目が行くが、グランドジャンプには最後の直線にも置き障害があり、その影響は頭にいれておきたい

ミヤジタイガの残り目にチャンス

「ミヤジタイガは昨年末の中山大障害は最初先頭に立っており、道中いったんアップトゥデイトをはじめ何頭かに前に出られますが、最終障害前にまた自分から出ていきニホンピロバロンらに交わされても踏ん張っていた内容を考えると、前にいると恵まれることが多い中山GJならば残り目で狙いたいですね。あとは同じ先行勝負ができるマイネルプロンプト。ミヤジタイガと比較すると成績で分が悪いですが、7歳とまだ若いので上積みが期待できます。人気差を考えれば2頭の競馬に差がないことも充分に注意していきたいですね」  2番人気はオジュウチョウサン不在の中山大障害で激戦を制したニホンピロバロンであろう。同様に先行力を持つが、先行力のある馬同士の差は大きくないかもしれない。  筆者が注目したいのはやはりシンキングダンサーだ。現在6歳。金子光希騎手がなんとかうまく飛越させようと一生懸命取り組むのはオジュウチョウサンと石神深一騎手の関係と非常に似てて思い入れがどうしても入る。  だが、g.kishi氏は「シンキングダンサーは展開が向いた中山大障害で詰め切れずの4着。まだこれからよくなる可能性はありますが、先に挙げた馬よりはまだ力差を感じる内容でした」と、力差がまだある現状は否めない。阪神SJでの3着も2着のタイセイドリームと決定的な差がついてしまっていた。だが、とにかく6歳とまだ若い。徐々に前で競馬できるようにもなっており、少しづつだが良くなり続けている。先物買いはまだ続けたい。

徹底して先行力を評価した目で勝負・g.Kishi氏の結論

《g.kishi氏の印》 ◎5番オジュウチョウサン ○2番ミヤジタイガ ▲4番マイネルプロンプト ☆1番ニホンピロバロン  オジュウチョウサン=ニホンピロバロンで人気集中してほしい。オジュウチョウサンから○▲の2頭の馬連に集中。人気が割れるならこの○▲☆の3頭への3複で絞って買いたいところです。 馬連 5-2 5-4 3連複フォーメーション 5-2,4,1-2,4,1

本誌シグナルRightの結論

《本誌シグナルRightの印》 ◎5番オジュウチョウサン ○3番シンキングダンサー ▲10番タイセイドリーム △1番ニホンピロバロン  やはりロマンは捨てきれない。シンキングダンサーには第二のオジュウチョウサンになれる能力もストーリーも持っているように見えてしまう。3連単オジュウチョウサンアタマ固定はもちろん、シンキングダンサーが先着する夢馬券も買っておこうと思う。 3連単フォーメーション 5-,3,10,1-,3,10,1 馬単 3-5  オジュウチョウサンの次走はファン投票での宝塚記念が噂されている。もちろん今後のオジュウチョウサンは注目だが、そのライバルたちにも是非着目して障害戦をさらに楽しんでもらいたい。 取材・文/佐藤永記(シグナルRight)公営競技ライター・生主。シグナルRightの名前で公営競技の解説配信活動「公営競技大学」を個人運営している。また、日刊SPA!のギャンブルコーナー勝SPA!編集担当も。Twitter:@signalright
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事