お金

「間借りガールズバー」の店長はラクに稼げる。土日の副業で月5万円

 大企業がこぞって解禁し、副業の機運が高まる昨今。さらに老後資金に必要な2000万円のプレッシャーが重くのしかかるも、UberEatsやアパレル転売の行列に並ぶ体力はないし、できれば汗もかきたくない。しかし、世の中にはオンラインをフル活用して楽に荒稼ぎしている猛者たちがいた! レンタルガールズバー

店のレンタル以外なんもしない店長。リスクはゼロ

 平日は中堅企業のサラリーマンとして働く一方、週末はガールズバーの店長として副収入を得ている伊東圭太さん(仮名・43歳・営業)。 「2年ほど前に、職場近くの銀座の飲食ビルが土日定休であることに目をつけて、『インディーズスナック女子大生』を始めました」  平日は高級ラウンジとして使われている店舗を、土日の夜に一日2万円ほどで借りている。 「フロアを使わない時間帯に間貸しできるサイト『スペースマーケット』にも出ていたフロアだったので、交渉してかなり安く使わせてもらえています」  しかし、40代の伊東さんには、バイトしてくれそうなかわいい女のコのツテはなかった。 「そこで思いついたのがSNS採用。Twitterのフォロワーが1000人以上いて、すでにオフ会などを開催しているコに『週末バーでバイトしませんか』と条件面を添えてDMを送り、興味を持ってくれたらカウンターに入ってもらいます」  自身も店に出るためすべてオンラインで完結とはいかないが、その楽さは飲食を本業としている人の比ではない。
次のページ 
女のコが出勤できる日だけ営業で赤字なし
1
2
週刊SPA!7/9号(7/2発売)

表紙の人/ 日向坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事