仕事

店長とバイトが一緒に店を“食い物”に…ユルすぎるバイト天国

 昨今問題になっている、チェーン店での過酷な「ブラックバイト」と、その逆襲のような「バイトテロ」。  ところが世の中には、バイトと店長が一緒になってやりたい放題、という夢のような(?)職場もあるようだ。 「ひと言で表すと、とにかくユルユルな店長でしたね。完全にお店を私物化していましたし、当時バイト従業員だった僕らから見ても『本当に儲ける気あるの?』って首をかしげたくなるほどでした」
カラオケ

写真はイメージです(以下同じ)

 そう語るのは、大学時代に某地方都市にあるカラオケボックスでアルバイトをしていた会社員の浅野豊さん(仮名・26歳)。ここは大手チェーンではなく地元で不動産業をはじめ、複数の事業を経営する会社が運営をする、独立系のカラオケ店だったという。

店長は元パチプロでバイトもその仲間

店長 「その会社の会長か社長かは忘れましたが、店長は経営者一族のお孫さんだったと聞いています。当時まだ20代後半くらいだったと思いますがそれまでずっと定職に就かず、パチプロの真似事みたいなことをしていたそうです。心配した家族に半ば無理矢理店長にさせられたらしく、本人が笑いながら話していました」  店長以外は浅野さんを含め、全員がアルバイト。店長自身が若かったこともあり、フランクに接してきて、スタッフにパワハラなどを行うようなことはなかったとか。  ただし、その仕事ぶりは真面目とは言い難いものだったそうだ。 「バイトには店長のパチプロ仲間だった方が何人か働いていたんですけど、勤務中なのにお酒を飲みながら仕事していました。僕はさすがに遠慮しましたが、店長には『浅野君も一緒に飲まない?』ってよく誘われました。当然、飲んでもお金なんて払いませんし、日によっては店長たちが友達を呼んでパーティルームで大騒ぎしていることもありました。  普通に精算したらルーム使用料や飲食代で1人7000~8000円は確実にかかるのに『1人1000円でいいや』っていつも大盤振る舞い。さすがに店の売り上げを勝手に持っていくようなことはしなかったみたいですが、赤字だったのは間違いないでしょうね」

本来の営業時間より早く店じまいすることも

 そんな経営状態でよく潰れずに済んだと思うが、そもそもこのカラオケボックスは利益を出すことを求められていなかったそうだ。 「これも酔っ払った店長がベラベラと喋っていたことですが、運営会社の税金対策として建てられたお店だったらしく、『別に儲ける必要はない。むしろ、利益を出すほうがマズい』と言っていたのをよく覚えています。まあ、こっちとしてはどんな事情であれ、仕事がラクだったのでラッキーってくらいにしか思っていませんでしたけど(笑)」  営業時間も店長の都合や気分次第。臨時休業こそなかったが、予定より早く店じまいすることは珍しくなかった。なかでも日曜日は本来深夜3時までの営業だが、「12時を過ぎた時点でお客さんがいなければ、いつも閉店していました」と明かす。 「毎週月曜日はパチンコホールが新装開店らしく、『寝坊したら新台を打てないから』という店長の極めて個人的な理由からです(笑)。でも、早く閉店しても時給は深夜3時の分まで払ってくれましたし、そこだけはちゃんとしていましたね。僕ら大学生バイト連中の間では“経営者としてはヤバいけど、人は悪くない”というのが彼に対する共通の認識でした」
次のページ 
お客用のフードメニューをバイトのまかないに
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事